本コンテンツへスキップ
インサイト>> インサイト

7,100万人を超える視聴者数で、選挙の夜間中継を実施

2分で読めるシリーズ|2008年11月

ニールセンによると、2008年米国大統領選挙のテレビ中継は、火曜日の夜、平均視聴者数7100万人以上を集めました。

ライブのニュース報道は、スペイン語放送を含む、放送局とケーブルテレビ局の両方で行われました。ABC、CBS、FOX Broadcast、NBC、Telemundo、Univision、BBC America、BET、CNBC、CNN、FOX News Channel、MSNBC、TV Oneなどです。

Nielsenの推定視聴者数は、東部および中部時間帯の午後8時から午後11時までのゴールデンタイム放送と、山岳部および太平洋時間帯のライブ放送を含んでいます。

また、マケイン上院議員の譲歩演説とオバマ次期大統領のシカゴ演説が行われた午後8時から午前12時30分までの時間帯の視聴者数を以下にまとめました。

2004年、ブッシュ大統領がジョン・ケリー上院議員を破り再選を果たした選挙の夜のテレビ中継には、午後8時から11時までの間に約5920万人の視聴者がチャンネルを合わせました。

2000年の選挙の夜、約6160万人の視聴者(スペイン語ネットワークの視聴者を除く)が、ブッシュ大統領とアル・ゴア前副大統領の泥沼の選挙戦をゴールデンタイムにテレビ中継を見ました。

ニールセンの放送視聴者数には、全国放送とローカルニュースを合わせた数字が含まれています。

メディアアラートの全文を見る

ニールセンの調査結果は、AP通信ロイターウォールストリートジャーナルロサンゼルスタイムズボストングローブメディアウィークメディアライフ誌で報道されました。