本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

6月のビデオゲーム史上最高の暑さ

1分で読めるシリーズ|2009年8月

ニールセンが本日発表したビデオゲームに関するデータによると、この夏、ビデオゲーマーは昨年より多く遊んでいることがわかりました。 2009年6月のビデオゲーム機の総使用時間は、前年同月比21%増となりました。 平均的なコンソールゲーマーは、今年6月の報告月間にコンソールで768分プレイしました。

2009年6月からのその他の注目すべき傾向を示す。

  • ビデオゲーム機は子供だけが遊んでいるのではない - 50%弱が18歳以上の大人からのゲームプレイである
  • 10代の12~17歳のプレイ比率が最も高く、6月のゲームプレイの25%を占めた
  • 月間プレイ時間ではXbox 360とPS2が拮抗しているが、6月のデータではXbox 360が最もアクティブなゲーム機であり、6ヶ月間のトレンドではXbox 360が最もアクティブなユーザーであることが示された
  • プレイステーション」は他のゲーム機に比べ、より性別に関係なくプレイできる傾向がある。 Xbox 360は引き続き男性に多く、Wiiは引き続き女性に多い。

  • より多くのアメリカ人が新しいコンソールをプレイしています。 Nielsenのデータによると、2009年6月の利用分数の総シェアは、Xbox 360、PS3、Wiiなどの現世代機が50%を占め、Xbox、PS2、ゲームキューブなどの前世代機は31%しか占めていません。旧世代ゲーム機(PS One、Atari 2600、Nintendo 64、Sega Genesisなど)の利用は、当月の利用分数の19%のバランスで構成されています。