本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国では、モバイルビデオは増加傾向にあるものの、まだ成長の余地があります。

1分で読めるシリーズ|2009年1月

ニールセンは、モバイルビデオの利用に関する新しいホワイトペーパーを発表し、ニールセンのオンラインニュースレター「Consumerインサイト」で報告しました。 レポートからの詳細は以下の通りです。

-毎月、米国の携帯電話加入者1,030万人が携帯電話を通じてビデオコンテンツにアクセス -2007年比14%増

-それでも、米国におけるモバイルビデオの利用は、他のモバイルメディアと比較して低い水準(全加入者の5%)にとどまっています。

-モバイルビデオユーザーの間では、アップルのiPhoneが最も人気があります。2008年第3四半期の時点で、ストリーミングビデオユーザー全体の11%がアップルのiPhoneを使用しており、iPhoneユーザーの35%がモバイルビデオを定期的に利用していると報告しています(全携帯電話加入者の5%に対して、ニールセンについて )

-モバイルウェブビデオは、急速にモバイルビデオ消費の最も一般的な手段(モバイルビデオユーザーの66%)となった -しかし、多くのモバイルビデオユーザーは、ビデオサービスへのアクセスに課金し続けている(モバイルビデオユーザーの42%) -モバイルビデオユーザーは、ビデオサービスへのアクセスに課金している

-YouTube は 2008 年第 3 四半期にウェブビデオのトッププロバイダーとなり、ニールセンについて 300 万人の米国のモバイル加入者がアクセスしました - ウェブビデオの巨人のモバイル視聴者は 2007 年 10 月から 2008 年 10 月に 277% 増加しています。

-モバイル・ビデオの契約数も増加 -2007年第3四半期の1,320万件から2008年第3四半期には1,640万件に増加

-モバイルビデオユーザーの利用頻度は比較的低いが(中央値で月17本)、現在のユーザーのモバイルビデオ体験に対する満足度は全体的に高い -2008年第3四半期時点で、モバイルビデオ視聴者の71%がモバイルビデオ体験に満足していると回答している。

ニールセンの新しいホワイトペーパー、"Tuned into the Phone."をダウンロードしてください。米国と海外におけるモバイルビデオの利用状況"

続きを読むニールセンについて 誰が、何を、モバイルビデオを見ているのか? 2009年1月号ニールセンのオンラインニュースレター「Consumerインサイト」2009年1月号で紹介されています。

ニールセンの調査結果については、Mediaweekの記事をご覧ください。