本コンテンツへスキップ
インサイト>> インサイト

5年前と比べ、600万人の高齢者がウェブを利用

2分で読めるシリーズ|2009年12月

65歳以上の高齢者は、アクティブなインターネット利用者の10%未満に過ぎませんが、その数は増加傾向にあります。過去5年間で、インターネットを積極的に利用する高齢者の数は55%以上増加し、2004年11月の1,130万人から2009年11月には1,750万人になりました。65歳以上では、過去5年間の女性の伸びが男性の伸びを6ポイント上回っています。

65歳以上の人々は、インターネットに向かう人が増えているだけでなく、ウェブ上で過ごす時間も長くなっています。シニア層のインターネット利用時間は、2004年11月の月間約52時間から2009年には58時間強と、過去5年間で11%増加しています。

ニールセンについて 「65歳以上の人々は、全人口の13%を占めており、オンライン利用の増加により、オフラインの人数に追いつき始めています」と、ニールセンのオンライン部門、エージェンシー&メディア担当リサーチディレクターのチャック・シリングは指摘します。「彼らがオンラインで行っていることを見ると、Eメール、写真の共有、ソーシャルネットワーキング、最新のニュースや天気のチェックなど、他の年齢層で主流となっている活動の多くに従事していることが分かります。また、かなりの割合で、レジャー旅行、個人のヘルスケア、金銭的関心といった年齢相応の追求に時間を使っていることは注目に値します。"

Webの世界では、どのように忙しくしているのでしょうか?

65歳以上のオンライン訪問者は、電子メールから請求書の支払いまで、さまざまな活動を行っています。過去30日間に行ったオンライン活動の第1位は、88.6%のシニア層が個人的な電子メールのチェックでした。また、「地図を見る・印刷する」「天気を調べる」は、それぞれ68.6%と60.1%で、2位と3位を占めています。

65歳以上の人が過去30日間に行ったオンライン活動トップ10(米国)
ランク プロフィールポイント:過去30日間のインターネット利用状況 視聴者構成比
1 個人メール 88.6
2 オンラインで閲覧・印刷した地図 68.6
3 オンラインで天気予報を確認 60.1
4 オンラインで支払い/閲覧した請求書 51.2
5 オンラインで写真を見る/貼る 50.1
6 一般/政治ニュースを読む 49.2
7 チェックした個人の健康管理情報 47.3
8 オンライン・レジャー旅行計画 39
9 検索されたレシピ/食事プランニング の提案 38.4
10 ビジネス/金融ニュースを読む 37.8
出典ニールセン・カンパニー、ニールセン@Plan 2009年秋季リリース、成人18歳以上

2009年11月の65歳以上のオンライン訪問者数1位はGoogle検索で、ユニークビジター数は1,030万人でした。2位はWindows Media Playerで820万人、3位はFacebookで790万人の訪問者がありました。興味深いことに、3位のFacebookは、ちょうど1年前、高齢者が訪問するサイトの中で45位にランクインしています。

ソーシャルネットワーキングサイトやブログサイトの65歳以上のユニークビジター数は、この2年間だけで53%も増加しています。ソーシャルネットワークやブログの訪問者全体の8.2%が65歳以上であり、これらのサイトを頻繁に利用する10代の若者よりわずか0.1ポイント少ないだけです。

2009年11月に65歳以上が訪問したオンライン旅行先トップ10(米国、自宅および職場)
ランク サイト ユニーク視聴者数(千人) ユニーク視聴者構成比(%)
1 グーグル検索 10,253 7.7
2 Windows Media Player 8,241 10.9
3 フェイスブック 7,946 7.2
4 ユーチューブ 7,668 8.4
5 アマゾン 5,679 9.3
6 ヤフーメール 5,638 7.8
7 ヤフー検索 5,583 8.7
8 ヤフーホームページ 5,383 6.8
9 ビングウェブ 4,510 10.1
10 グーグルマップ 4,397 8.4
出典ニールセン・カンパニー
ja