本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

スーパーボウルを楽しむ女性が増加

2分で読めるシリーズ|2009年1月

2008 年のスーパーボウルは、その年の米国で最も高い視聴率を記録し、これまでのどのスーパーボ ウルよりも多い 9,750 万人の人々が視聴しました。 そして、予想通り、その視聴者の42.9%は18歳以上の男性でした(4580万人の視聴者)。しかし、ニールセン・カンパニーによると、18歳以上の女性も3,770万人見ていたそうです。過去10年間で、スーパーボウルを見る18歳から54歳の女性の割合は8%増加しています。

このように女性の視聴者が増えているにもかかわらず、CMの35%は依然として男性視聴者をターゲットにしています。 実際、2008年のスーパーボウルでは、一般的に女性よりも男性の方がCMを楽しんでいたようです。

ニールセンによると、全コマーシャルの約25パーセントが女性よりも男性に「好かれて」おり、ニールセンについて 7パーセントが男性よりも女性に「好かれて」おり、残りは「ジェンダー・ニュートラル」であった。 広告主がおそらく女性の視聴者をターゲットにするために協調的な努力をする - - さまざまなエンターテイメントアワードショーの間でも、これらの割合は、ニールセンについて 同じです。

2008年のスーパーボウルで放映されたコマーシャルで男性視聴者に最も人気があったのは、Bud Lightの「火を吹く能力」と原始人のスポット、Audiの「ゴッドファーザー」をテーマにしたスポット、Victoria's Secret、GoDaddy.com、Tideの「話す汚れ」が登場する「to go」スポットなどでした。

女性視聴者では、イー・トレードの赤ちゃんCM、バスケットボールのスター選手チャールズ・バークレーが携帯電話でドウェイン・ウェイドをお気に入りの5人に加えたことを発表するT-モバイルのCM、胸から心臓が飛び出す女性を描いたキャリアビルダー・ドットコムが人気を集めました。

テイルゲートで...ワインを渡す?

フットボール・ファンはビールとポテトチップスが好きなことで知られていますが、ニールセンのデータによると、ワインを好むファンも増えているようです。 実際、熱心なNFLファンは、2007年に2006年よりも14%多くワインを消費しており*、米国のワインの伸びを14%上回っている。

また、NFLファンによるスキンケア製品(にきび治療薬、洗顔料、ハンド&ボディローションなど)への支出は、2005年から2007年にかけて19%増加しています。

  • 2007 年、熱心な NFL ファンと回答した世帯主が購入したスキンケア製品は 36.10 ドルであり、2006 年から 2.30 ドル、2005 年から 5.70 ドル増加しました。 この結果、同カテゴリーの総売上高は13億ドルに達し、2006年から23%増加しました。
  • 全体として、熱心なNFLファンは、2005年から2007年にかけて、スキンケアへの支出を米国全体で74%上回りました。

*最新のデータベースが利用可能です。2008年の情報は2009年2月に公開予定

ニールセンのスーパーボウル前のレポートを読む。