本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

モバイル・スナップショット スマートフォンが米国携帯電話市場の28%に

1分で読めるシリーズ|2010年11月

ニールセン・カンパニーは本日、2010年第3四半期時点で、米国の携帯電話加入者の28%がスマートフォン(パソコンに似たOSを搭載した携帯電話)を所有していると発表しました。

アップルのiPhoneやRIMのブラックベリー端末、グーグルのアンドロイドベースの様々な機種が市場に出回るなど、スマートフォンの人気が高まっていることが、普及率を加速させています。 過去6ヶ月間に携帯電話を新規に取得した人のうち、標準的なフィーチャーフォンではなくスマートフォンを選択した人は41%で、前四半期の35%から増加しました。

最近の携帯電話獲得状況

欧州と比較すると、米国はスマートフォン普及率が同程度の英国と同程度ですが、前期に37%のスマートフォン普及率を誇ったスペイン、前期に33%のスマートフォン普及率を誇ったイタリアに大きく遅れをとっています。 ニールセンの新しいグローバル・スマートフォン・レポートによると、ヨーロッパで最も人気のあるスマートフォンOSはシンビアンです。

米国では、アップルのiPhone OSが28%、RIMのBlackberry OSが30%のマーケットシェアを獲得し、実質的に追いついた。 一方、グーグルのアンドロイドOSは19パーセントに達し、さらに伸びています。ただし、過去6ヶ月間に端末を選んだ人のうち、第3四半期はAndroidがリードし、RIM BlackberryとApple iPhoneは実質的に同率で2位となっています。

スマートフォンオーエスシェア

Androidスマートフォンの所有者は、他のOSに魅力を感じている人よりも若い傾向があり、Android所有者の50%が35歳以下である一方、Appleは44歳以下のスマートフォンユーザーが最も多い。

スマート・ビー・エイジ

sparphone-age-demo(スパルフォンエイジデモ

興味深いことに、米国のスマートフォン所有者は、フィーチャーフォンの所有者よりも多様性に富んでいます。スマートフォン所有者の5人に1人がラテン系であるのに対し、フィーチャーフォン所有者はわずか9%です。

スマートフォン・ダイバーシティ
ja