本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

政治的スコアカードの失言で、ジェリー・ブラウンに不要な注目を浴びる

2分で読めるシリーズ|2010年10月

Nielsen Companyの最新の中間選挙メディア分析によると、先週、ジェリー・ブラウン氏は、州知事の対立候補を不愉快にしたり、台本から外れたりすることで、オンエアやオンラインでの露出を全体的に増やしました。

分析によると、この選挙用ボイスメールの失言は、カリフォルニア州のトップメディア市場における全国的なオンライン話題とテレビ放送での言及の両方で、ブラウン氏の名前を共和党のメグ・ホイットマン氏に押しやるのに一役買ったという。ブラウン氏がいずれの項目でも相手候補をリードしたのは少なくとも10日ぶりだったが、ネガティブな話題への露出は、陣営がリードを奪いたかった方法ではないことは確かだ。

このドラマは、両陣営が総広告費を大幅に増やした週に発生した。ホイットマン氏は先週、カリフォルニア州の上位4つのメディア市場で3,727の広告を放映し、前週の合計を51%上回った。一方、ブラウン氏は同市場で2,804回、前週比60%増の広告を放映した。

その他、全国のキャンペーンで

  • 先週は、共和党のカーリー・フィオリーナが広告合戦で本格的な動きを見せましたが、民主党現職のバーバラ・ボクサーは、全体としてまだ多くの広告を掲載しています。ボクサーは、カリフォルニア州上院選の世論調査結果で引き続き好感触を得ており、ネット上でポジティブな話題を呼んでいる。
  • フロリダ州知事選のアレックス・シンク氏のキャンペーンは、ジャクソンビルで合計5回しか広告を打たず、マイアミ、オーランド、タンパ、ウエストパームビーチでは沈黙していた。一方、リック・スコットは、合計1,400本近い広告を電波に乗せて放送した。しかし、フロリダ州民主党が購入・放映した広告が、電波上のスコットのメッセージのバランスをとるのに役立った。
  • 最新の世論調査では民主党のマーティン・オマリー知事が有利に見えるが、共和党のボブ・アーリック氏は選挙戦が最終月に入り、先週から広告の買い付けを加速させている。
  • ペンシルベニア州の上院議員選挙では、先週、共和党のパット・トゥーミーが民主党のジョー・セスタクに対して広告でのリードを広げました。ニールセンについて 民主党上院議員選挙委員会の支援により、放送ではトゥーミー氏のネガティブな議論が展開され、ホワイトハウスの支援により、オンラインでの話題性はセスタク氏に軍配が上がりました。

中間選挙の詳細は、ニールセンのCampaign Media Analysisをダウンロードしてご覧ください。