本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

4G携帯電話の登場、しかし米国の消費者は準備ができているのか?

2分で読めるシリーズ|2011年1月

テレコム事業部 リサーチ&インサイト シニアマネージャー Don Kellogg氏

米国でテレビをつけると、新しい4Gネットワークを宣伝する無線通信事業者の広告を目にしないことはないだろう。

しかし、消費者は4Gやその利点をどの程度理解しているのでしょうか?米国の消費者を引き付けようと躍起になっている携帯電話会社にとって、広告宣伝の成果は上がっているのだろうか?

Nielsen 社は最近、米国の成人 2,100 人以上を対象に、4G に関する消費者の意識と認識、および購入意向に関する調査を実施しました。 消費者は4Gの広告を見て何を知り、購買意欲を高めるには何が必要なのでしょうか。

4Gの定義

ニールセンについて 携帯電話会社の積極的な広告キャンペーンは、4Gの認知度を上げることに成功しましたが、4Gの利点の教育という点ではまだ道半ばかもしれません。ニールセンについて ワイヤレス消費者の5人に1人は4Gを知らず、4Gを聞いたことがある残りの4人のうち、理解していると答えた人はわずか2人です。この場合、消費者の混乱は業界の混乱を反映しているので、これは驚くべきことではありません。

最近まで、国際電気通信連合(ITU)の公式な4Gの定義は、米国の通信事業者の誰も満たしていない基準でした。圧力を受けて、ITU は 4G の定義を改定し、3G に比べて「有意な改善」となるあらゆる技術を含めるようにしました。この定義によれば、米国の 3 つの 4G 技術はすべて適格です(WiMAX、LTE、HSPA+)。

4Gの認知・理解

4Gの定義を尋ねたところ、回答者の54パーセントがITUの定義である「100MBits/s以上のモバイルデータ通信速度」を選択しましたが、現在世界中のどのキャリアもそこまでの速度は出していません。 これは、iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4という、過去に発売されたiPhoneの名称に由来していると思われます。例えば、T-Mobileの新しいAndroid携帯のいくつかはHSPA+ですが(MyTouch 4GとG2)、T-Mobileのすべての新しいAndroid携帯がHSPA+というわけではありません。

4Gの定義

ニールセンについて 何が4Gを構成するのか混乱はあるものの、調査対象となった消費者のほぼ10人に3人が、今後12ヶ月以内に4Gデバイスを購入する予定であると回答しています(プランニング )。このうち何人が今後1年間に実際に4G端末を購入するのかを示すデータはまだありませんが、新しい端末は契約さえすれば手に入ります。

今後12ヶ月以内に4Gデバイスを購入する予定の消費者