本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ファクトシート 米国の広告費と効果

1分で読めるシリーズ|2011年6月

変化し続けるメディア環境の中で、消費者のプラットフォームやメディア・コンテンツの選択肢は増え続け、広告主が希望する視聴者にリーチすることは難しくなっています。広告主は、マーケティング費用を投資する際に様々な選択肢がある中で、広告がブランドや販売目標に与える影響をより良く理解し、正確に測定することを求めています。Nielsen の新しい広告ファクトシート では、広告費と効果のトレンド、およびブランデッド エンターテイメントの最新情報を詳しく説明しています。

キーテイクアウェイ

  • 2011 年第 1 四半期のテレビ広告収入は 180 億ドルを超え、前年同期比で約 9%増加しました。
  • 2011年第1四半期にスーパーボウルで放映された広告は、通常の番組で放映された全コマーシャルよりも平均して58%も印象に残りました。
  • 米国のインターネット消費者が最も信頼する広告の形態として、「個人の知人からの推薦」を挙げている(76%)。また、49%の消費者が、オンラインに掲載された消費者の意見を信頼すると回答しています。
  • モバイル広告がモバイルアプリに浸透しつつあり、ティーンエイジャーは年長者よりもはるかに受容的であることが分かっています。10代の若者の58%が、モバイル広告を「いつも」または「時々」見ていると回答しています。
  • ゴールデンタイムの12の放送局および主要ケーブルネットワークにおいて、2010年の主要なプロダクト・プレースメントは5,381件で、2006年から22%増加しました。
  • 2011年第1四半期に最も多くプレースメントが行われたのはリアリティ番組で、全プレースメントの半数以上を占めました。消費者はシットコム番組での出稿をよりよく覚えていますが、統合ブランドに対する視聴者の評価にプラスの影響を与えるには、リアリティー番組での出稿が最も効果的です。
広告費

その他の図表やトレンドについては、「広告費と効果のトレンド」をダウンロードしてご覧ください。