本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセン、米国のテレビ視聴世帯数を1億1470万世帯と推計

3分で読めるシリーズ|2011年5月

ニールセン・カンパニーは、2012年のテレビ世帯の事前/事前のユニバース推定値(UE)が1億1470万であり、2011年の1億1590万から減少したことを発表しました。 2010年国勢調査の集計を初めて統合した2012年のUEは、ベビーブーマーが35~49歳の人口層からますますシフトすることによる高齢化と、より多様な民族性を反映しています。

2012 年の UEs は、米国の家庭のうちテレビを設置している家庭の割合(テレビ普及率)の推定値が 98.9%から 96.7%に減少したことも反映しています。このようなUEsの低下は、ニールセンが1990年の国勢調査を調整した後の1992年に発生し、その後、大幅な伸びを記録した。2012年のテレビ普及率のUE下降の相互関連要因としては、以下が考えられる。

  1. デジタルへの移行2009 年夏、アナログ放送からデジタル放送への移 行という重要な節目を迎えました。デジタル放送を視聴できるのは、デジタルチューナー内蔵のテレビ(新型テレビ)か、デジタル・アナログ変換ボックスやケーブルテレビ、衛星放送に接続したアナログテレビに限られるようになった。 この移行後、テレビの普及率はまず低下し、2010年にはテレビ世帯数が長期にわたって回復しなかったことから、この傾向の永続性が認識されるようになりました。
  2. 経済性これまでの景気後退期と同様、テレビを所有するためのコストが今回のUE減少の要因であり、テレビの普及率は 2009年第2四半期に初めて持続的に減少した。 低所得者層や地方の家庭が特に影響を受けている。
  3. 複数のプラットフォーム。Nielsen のデータによると、消費者は、あるメディアを別のメディアで置き換えるのではなく、すべてのプラットフォームでより多くのビデオコンテンツを視聴しています。 しかし、都市部の若い消費者の一部は、有料のテレビ放送を契約しない傾向にあります。 これは経済的な問題であり、これらの消費者は経済的な余裕ができてからテレビ市場に参入するのか、それともオンラインやモバイルデバイスでの視聴への大きなシフトの始まりなのかは不明であるため、長期的な影響は不明です。

"メディア市場 "は進化を続け、より複雑になっています。一部の消費者は、明らかに景気に後押しされて、購入するメディア機器の選択を迫られています。また、自宅にオーディオ/ビデオ機器を追加するために機器を拡張している人もいます。また、テレビの購入を先延ばしにしたり、テレビをコンピュータに置き換えたりする人もいます。「ニールセンのクロスプラットフォームメディア戦略により、これらのコンテンツをすべて測定し、配信方法に関係なく、ビデオ消費の全体像をクライアントに報告することができます。国勢調査のデータが示すように、私たちはより多様な国になっており、私たちの測定はその多様性を反映し、またアメリカ人のメディア消費方法のすべてを包含するように進化しています".

ニールセンは、2011年8月下旬に発表する2011-12年TVシーズンに向けての変更に伴いローカルUEを調整し、今後、毎年TV普及率を見直す予定です。2010年の国勢調査は、市場ごとの人口移動を決定する上で重要な役割を果たすでしょう。

宇宙の推定値を計算する

ニールセンの総世帯数および人口推計は、米国国勢調査局の最新データに加え、州政府および米国郵便公社などの補助的な情報源に基づくものです。 2012 年の UE は、今年初めに発表された 2010 年の国勢調査の結果をベンチマークとし、推定成長率に基づき 2012 年までの成長を予測しました。

テレビ普及率の算出

Nielsenは、総世帯数および人口をテレビ世帯数および人口に変換するために、テレビ普及率を適用しています。2012年の米国世帯のテレビ普及率は、NielsenのPeople Meterパネル用の家庭を募集する際に収集したデータに基づいて推定されたものです。Nielsenのテレビ世帯の定義は、少なくとも1つのチャンネルにチューニングできるテレビが1台以上あることを条件としています。例えば、デジタル伝送コンテンツ用に更新されていないテレビは、ニールセンの定義ではカウントされません。

ja