本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

世界のインターネット接続速度を比較するとスイスがトップ

2分で読めるシリーズ|2011年4月

世界中の消費者が高速、さらには超高速のインターネット接続を選ぶようになり、ダイヤルアップインターネットアクセス(128Kbまでの速度)の時代は終わりを告げつつあります。 Nielsen Companyでは、2011年2月に9カ国で家庭用コンピュータの接続速度を測定・比較し、速度が消費者のインターネット利用時間に影響を与えるかどうかを分析しました。接続速度は、「低速」(512Kbまで)、「中速」(512Kb~2Mb)、「高速」(2Mb~8Mb)、「超高速」(8Mb以上)の4グループに分類されました。

測定した9カ国のうち1カ国を除くすべての国で、「高速」が最も一般的な接続速度となっており、「低速」を利用している人の割合はごくわずかです。9カ国を平均すると、インターネットユーザーの19%は「超高速」、47%は「高速」、26%は「中速」、8%は「低速」での接続となっています。 ブラジルだけがこの傾向に反しており、家庭のインターネットユーザーのほぼ半数(48%)が「中速」、ほぼ3分の1(31%)が「低速」の接続速度を利用しています。

スイスは、家庭でインターネットを利用する消費者の88%が2Mb以上の速度で接続し、38%が8Mb以上の「超高速」接続を利用しており、圧倒的に高速な接続環境を持つ国となっています。 スイスに続き、米国(29%)とドイツ(27%)は、「超高速」接続を利用する人々が最も集中している国です。実際、3カ国とも「超高速」接続の利用者が「中速」接続(512Kb~2Mb)よりも多くなっています。一方、ブラジルでは、「中速」接続のインターネットユーザー(48%)が「超高速」接続のインターネットユーザー(6%)の8倍となっています。

アクティブなインターネット視聴者(回線速度別

接続速度は、人々のインターネット利用時間にどのような影響を与えるのでしょうか。速度が速いほど効率が良く、そのためインターネット利用時間は短くなるのでしょうか、それとも、より質の高い体験がより多くの活動を促すのでしょうか。その答えは、測定したすべての国において同じパターンは存在しません。 9カ国のうち、この傾向を否定するのはフランスとドイツだけで、9カ国中6カ国では「高速」(2Mb~8Mb)接続を利用する消費者が最も長い時間オンラインを利用しています。

スイスでは、「超高速」接続(21時間20分)の人が「低速」接続(10時間1分)の人の2倍の時間をオンラインに費やしており、速度が速いほどオンラインに費やす時間が長くなるという、最も直線的なパターンを示しています。 このような直線的なパターンを示す国は他にイタリアだけですが、時間的な差ははるかに小さくなっています。

実際、スイスを除くすべての国では、速度の違いによる時間の絶対的な差は、一般にそれほど大きくはない。オーストラリア、イギリス、スペインに限っては、自宅のパソコンでインターネットをする時間が最も短い人(「遅い」接続の人)と最も長い人(「速い」接続の人)の間に顕著な違いが見られます。

回線速度別インターネット接続時間
ja