本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

In Good Spirits ストリチナヤのブランドリフトを30.8%増加させた方法

1分で読めるシリーズ|2012年10月

消費者とオンラインでつながるためにオンライン動画やソーシャルメディア・マーケティングを利用する消費者ブランドが増える中、これらの戦術が本当に購買意欲に影響を与えるのか、またどのように与えるのかを証明することが、業界で非常に必要とされています。最近の Nielsen の分析では、あるアルコール飲料ブランド(Stolichnaya® Vodka)とソーシャル・ビデオ配信プラットフォーム Sharethrough の組み合わせが、ブランドに大きな影響を与えたことが明らかになっています。

ストリチナヤのキャンペーン「The Most Original Moments, Deserve The Most Original Vodka」は、ストリチナヤの精神を体現した3本のフィルムで構成されています。このビデオは、21~34歳のストリチナヤの視聴者が有機的にコンテンツを発見し共有できるよう、シェアスルーによってオンラインで配信されました。ストリチナヤとシェアスルーは、有料動画とシェアされた動画の両方で、キャンペーンの主要なマーケティング目標である購買意欲を、全体で30.8%高めることに成功しました。

事例集はこちらからダウンロードできます。

メソドロジー

Nielsen Online Brand Effect(旧Vizu Ad Catalyst)は、広告主がデジタルメディアのエコシステムと連携し、ブランドリフト指標の最適化を実現するためのツールです。消費者センチメントは、サンプリングされた各消費者に質問するウェブポールを通じて把握され、キャンペーンがその主要な目的に対してどのような成果を上げたかを測定します。ストリチナヤとシェアスルーは、直感的な Web ベースのダッシュボードを使用して、オンライン動画キャンペーンのブランド構築効果と、主要なマーケティング目標である購入意思に対するパフォーマンスをリアルタイムに把握することができました。また、全体的なブランド リフトを促進するキャンペーンの主要要素(クリエイティブ、頻度、視聴者層)のパフォーマンスも強調され、キャンペーン中およびキャンペーン全体のパフォーマンスを改善する機会を提供しました。