本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

新興国が牽引し、2012年第1四半期の世界の広告費は3.1%増加

2分で読めるシリーズ|2012年6月

2011年を好調に終えた世界の広告費は、2012年初頭も増加を続け、前年同期(第1四半期)比で3.1%増となりました。ニールセンの四半期報告書「Global AdView Pulse」によると、中東やアフリカなどの新興市場が2桁の伸びを示した一方で、北米とアジア太平洋地域はそれぞれ2.1%と1.7%と小幅な伸びとなりました。2012年第1四半期の世界全体の広告費は、1,280億米ドルでした。

大幅な増減

中東・アフリカ地域は、広告主が経済の発展や安定化に目を向け、23.3%増加しました。特にエジプトでは、昨年の「アラブの春」以降、第1四半期に広告費が67%増加した。

欧州の広告費は微減(1.4%)で、不況の影響を最も大きく受けた国々で大きな変化が見られました。例えば、ギリシャとスペインは大幅に減少しましたが、フランス、ドイツ、スイスは前年より多くの広告費を集めました。欧州は、広告費が減少した唯一の地域です。

グローバル広告費

注目のトレンド

1月の広告費は前年比では微増にとどまったものの、その後の数ヶ月で前年比は着実に伸びています。2012年3月までに、世界の広告費は前年比4.5%増となりました。2011年の市場環境と政情不安が昨年の支出減少につながった可能性があり、ニールセンはこの増加が第2四半期に持続するかどうかを注視しています。

メソドロジー

レポートに含まれるその他の国の外部データソースは以下の通りです。

  • アルゼンチン:IBOPE
  • ブラジルIBOPE
  • クロアチアニールセン、イプソスとの提携
  • エジプトPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • フランスYacast
  • ギリシャメディアサービス
  • 香港:admanGo
  • 日本日本デイリー通信社
  • クウェートPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • レバノンPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • メキシコIBOPE
  • 汎アラブメディアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • ポルトガルメディアモニター
  • サウジアラビアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • スペインアルセメディア
  • スイスニールセンとメディアフォーカスの提携
  • UAEPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)