本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

連邦政府世論調査報告書

1分で読めるシリーズ|2013年2月
{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

ニールセンの最新世論調査によると、今行われる選挙では、連合が6%程度の得票率で勝利することが予想されます。1,400人の回答者を対象に木曜日から土曜日(2013年2月14日から16日)に行われた全国世論調査では、二者択一の優先投票において、連合が56%(2012年12月13日から15日にかけて4ポイント上昇)で、ALPの44%(4ポイント低下)を上回っている。

プライマリーでは、労働党が30%(5%減)、連合が47%(4ポイント増)である。緑の党は11%(1%増)でマイナー政党をリード。家族第一党は2%(安定)、無党派層は6%(安定)。その他の政党は4%(安定)。

自由党と国民党は、今行われる選挙では、二大政党の優先順位が6%前後で勝利する。二大政党の得票を「優先順位の付け方」で計算すると、連合55%(4%増)、ALP45%(4%減)となり、連合がリードする結果となった。