本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

インドでスマートフォンがユーザーを繋ぎ止める

3分で読めるシリーズ|2013年2月号

インドでは、9億人の携帯電話ユーザーのうち、スマートフォンの利用が主流になりつつあります。実際、今年初めには4,000万台のスマートフォンが普及すると予想されています。スマートフォンの飛躍的な普及は、常に人とつながっていたい、ソーシャルネットワーキングサイトにすぐにアクセスしたいというユーザーの要望によるもので、発展途上国における飛躍的な成長機会として世界的なトレンドとなっています。

端末代やデータ通信料の低下と、今日のスマートフォンが提供するさまざまな機能により、消費者は従来の携帯電話からより機能的な携帯電話への買い替えを容易に行うことができるようになりました。ニールセンとInformate Mobile Intelligenceの提携によるNielsen Informate Mobile Insightsは、この新しいタイプのスマートフォンユーザーがどのようにインターネットに接続しているかを把握するため、2012年9月から10月にかけてインドの46都市で1万人以上の消費者を対象に調査を行い、全体的な利用状況と端末の好みを把握しました。

インドのスマートフォンユーザーに関する調査では、スマートフォンユーザーの93%が1台の端末しか所有しておらず、外出先での情報源は1台のみであることがわかりました。また、インドのスマートフォンユーザーは圧倒的にAndroid OSを搭載したモバイルデバイスを好んでいることも判明し、インドの消費者がオープンで、複数のブランドや価格で利用できるプラットフォームを望んでいることが浮き彫りになりました。インドではSymbianの利用率も高いのですが、Windows、BlackBerry、iOSデバイスはそれぞれ一桁の市場シェアにとどまっています。

タブレット端末の保有台数が急増

また、タブレット端末に対する消費者の関心も高まっています。2012年の最終四半期に調査に参加した回答者のうち、タブレットを所有していると答えた人はわずか3%でしたが、11%は購入するつもりであると答えています。また、消費者がタブレット端末に費やす時間は、Androidスマートフォンよりも顕著に長く、ニールセンについて 1時間多く費やしています。

スマートフォンユーザーは、ゲーム、チャット、音楽アプリにお金を払うことを好む

この調査によると、インドではスマートフォンを介した音声通話やテキスト通信が減少していることがわかりました。実際、音声通話とテキストはスマートフォン利用の25%に過ぎず、残りはマルチメディア、ゲーム、アプリ、インターネット閲覧で占められています。アプリの中でも、消費者はゲームを好み、特に有料アプリに関してはその傾向が強い。ゲームは有料アプリの中で最も人気のあるカテゴリーで、ユーザーの5人に3人近く(58%)がゲームにお金を払っています。スマートフォンユーザーの間で人気のあるその他の有料アプリのカテゴリーには、チャットやインスタントメッセージ(53%)、音楽のストリーミング(45%)などがあります。

多くのユーザーがまだモバイルインターネットに接続していない

モバイルインターネット接続とスマートフォンの利用は密接に関係していますが、調査対象となったスマートフォンユーザーのうち、データ通信を利用しているのはわずか半数です。この割合はフィーチャーフォンユーザーのモバイルデータ普及率よりかなり高いかもしれませんが、何百万人ものスマートフォンユーザーがまだモバイルインターネット接続を利用できていないことを表しています。

を超えるなど、若者がいち早くスマートフォンのデータ通信を導入していることは興味深い。

データ利用者の半数は25歳未満です。

ニールセンについて 研究内容

インドのスマートフォンユーザー調査は、2012年9月から10月にかけて、インドの46都市で実施されました。Nielsen Informate Mobile Insightsは、本調査の一環として、10,000人以上のスマートフォン所有者を対象に調査を実施しました。