本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

本を表紙で判断してはいけない。ハイテクに強いティーンは依然として活字本が好き

3分で読めるシリーズ|2014年12月

急速に進化するテクノロジーと、常に存在するソーシャル・メディアが、消費者と文字との関わり方を変えている今日、今日の10代の若者が、以前の世代とは異なるコンテンツを見つけ、消費していることは、驚くにはあたらないだろう。しかし、一般的に、こうした若い消費者は、新しいテクノロジーやデジタルコンテンツ・プラットフォームをいち早く取り入れると思われがちだが、13歳から17歳の若者の読書習慣は、新旧が混在しているのである。

10 代の若者はハイテクに強いという評判がありますが、電子書籍市場全体に対するヤングアダルト・ジャンルのデジタル化の進展にもかかわらず、このグループの電子書籍の利用は大人に遅れをとっています。10 代の 20%が電子書籍を購入しているのに対し、30-44 歳の 25%、18-29 歳の 23%が電子書籍を購入している。若い読者が電子書籍というフォーマットに前向きなのに対し、10代は印刷物を好む傾向が続いており、デジタル技術のノウハウとは相反するように思われる。

10代の若者が印刷された出版物を好む傾向には、いくつかの要因が関係している可能性があります。親が印刷物を好むことも影響しているだろうし、10代の若者がオンライン購入のためのクレジットカードを持っていないことも影響しているだろう。しかし、もうひとつの理由は、10代の若者が本を購入するよりも、借りたり共有したりすることを好み、それが印刷物であれば簡単にできることかもしれません。10代の半数以上が、図書館や書店の棚で本を探している。また、このグループでは、店頭での閲覧がオンラインでの閲覧に匹敵するレベルです(ニールセンについて )。

10代の若者は従来の印刷物を読むことを好むかもしれないが、彼らの発見への道はより口コミに依存しており、今日のコネクテッドティーンズにとって、これはしばしばソーシャルメディアを意味する。若い読者は、仲間が読んでいる本や、以前に読んだ本の影響を大きく受けます。ティーンエイジャー、特にティーンエイジャーの女の子は、古い世代と比較して、よりソーシャルニールセンについて 、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークサイトで紹介された書籍から少なくとも中程度の影響を受けています。また、同じく45%のティーンが、書評や著者のインタビューが掲載されたティーン向けのウェブサイトから少なくとも中程度の影響を受けています。

シリーズものは特に、ソーシャルメディアが生み出すバンドワゴン効果の恩恵を受けている。ティーン読者の最大の影響源は、著者の前著を楽しむことである。著者や出版社は、ティーンエイジャーの読者を最初に取り込むのは難しいが、その著者に定着させるのは容易であろう。

10 代の若者の多くは依然として活字を好みますが、こうした若い読者が出版社を悩ませているのは、近年、10 代の若者が趣味で本を読む水準が鈍化しているためです。スマートフォンやゲーム機など他のメディアや機器との競争に加え、業界では「トワイライト」「ハリー・ポッター」「ハンガー・ゲーム」シリーズなど、最近の大ヒットヤングアダルト小説の不足が減少の原因として挙げられている。しかし、ヤングアダルト文学の普及に熱心な出版社は、若年層の読者以外にも目を向けるとよいかもしれません。2014年現在、米国の18歳以上の消費者は、ヤングアダルト書籍の80%近くを、印刷物とデジタルの両方で購入しています。

その他インサイト ニールセンについて 若い読者については、2014年12月12日にニューヨークで開催されるニールセンのチルドレンズブックサミットにご参加ください。

メソドロジー

この記事に含まれるのは、ニールセンの「書籍と消費者 米国調査」(年齢、性別、地域別に全国から抽出した書籍購入者のうち、年間約18万冊の書籍購入を代表する6,000人を対象に毎月実施しているオンライン調査)と、ニールセンの「デジタル時代の児童書消費者の理解」(「書籍と消費者調査」から児童書購入者3,000人をサンプル(親とティーンを含む)、2011年秋~2014年秋に実施)の考察である。調査は英語のみで実施された。書籍の売上は、世界10カ国の小売店から提供されたEPOSの売上データを測定するNielsen BookScanを使用した。

関連コンテンツ