本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

iHealth:健康維持のために消費者はどのように技術を利用しているか

4分で読めるシリーズ|2014年4月

テクノロジーが私たちの生活のほぼすべての側面を支配していることは、周知の事実です。私たちはスマートフォンで生活し、電子書籍リーダーで本を読み、Twitterで深い考えを共有し、Instagramでスナップショットを流し、Pinterestでプロジェクトを計画しています。しかし、ハイテクは、私たちを接続し、楽しませるだけではありません。特に、インターネットとテクノロジーの活用は、健康志向の消費者にますます受け入れられ始めています。最近のニールセンの調査結果を見ると、アメリカ人のほぼ4分の3が優良顧客となる可能性があります。

ニールセンのヘルス&ウェルネス調査によると、アメリカ人の70%以上が、より健康になるため、または現在の健康を維持するために積極的に取り組んでいると答えています。何が彼らを動かしているのでしょうか?主に家族や友人(49%)、次いでニュースやテレビ番組などのメディア(32%)です。また、パッケージの表示(26%)、店頭の看板やパンフレット(22%)にも注目していると回答しています。

しかし、回答者の回答にもかかわらず、健康の目標達成のためにデジタル領域と関わっている人は少ないようです。実際、この調査では、ブログやソーシャルメディアサイトが健康的な製品の選択に影響を与えると答えた消費者はわずか19%、ブランドや企業のウェブサイトから影響を受けたと答えた消費者はわずか17%であることがわかりました。

ウェアラブルに進出

ニールセンの最近のConnected Life Reportによると、自己モニタリングのためのフィットネスバンドや、病状の追跡・モニタリングのためのmHealth(モバイルヘルス)デバイスなどのウェアラブル・テクノロジーに対する消費者の認知度は高い(70%)ものの、現在使用しているアメリカ人はわずか15%に過ぎないことが明らかになりました。ウェアラブル・テックを認識している消費者のうち、61パーセントがフィットネスバンドを、17パーセントが歩数計などのmHealthデバイスを使用しているとのことです。

Health and Wellness社の調査によると、全人口を対象にした場合、カロリー追跡サイトやモバイルアプリを利用しているのはわずか15%、健康維持のために携帯電話、モバイル機器、タブレット端末、ゲーム機、タブレットなどでフィットネス用ビデオゲームを利用していると答えたのは13%にとどまりました。

購入決定要因

ニールセンについて では、消費者はこれらのデバイスをどのように知り、どこで購入しているのでしょうか。デバイスを購入する前に、フィットネスバンド所有者の48%、健康機器所有者の54%がオンラインで情報を検索しています。家族や友人からの勧めも、店頭での閲覧(それぞれ30%)と同様に、情報源の上位を占めました(フィットネスバンド所有者の36%、mHealthデバイス所有者の25%)。特にフィットネス・バンドのメーカーは、消費者がフィットネス・バンドを購入する際、ブランドのウェブサイトを通じてオンラインで33%、サードパーティを通じてオンラインで27%であるのに対し、店頭では37%と、実体験がもたらす揺さぶりに注目すべきです。

そして、消費者は単に最新の流行に乗りたいからこれらのデバイスを買っているわけではありません。フィットネスバンド所有者の3分の2(62%)が毎日使用し、29%が1日に数回使用しています。フィットネスバンド所有者のトップアクティビティは、走行距離と消費カロリーのトラッキング(フィットネスバンド所有者の62%)、全体的なアクティビティのトラッキング(61%)です。ニールセンについて 半数が心拍数をモニターするためにフィットネスバンドを使用しています。

健康志向の消費者は、自分の健康状態を把握するためにスマートフォンのアプリにも注目しています。2014年1月、米国のスマートフォン所有者は4580万人がフィットネスと健康アプリを利用し、前年同月の3900万人から18%増加しました。

参入障壁

また、フィットネスバンドユーザーの28%が「価格に見合った価値があった」と回答しています。10人に3人が「個人情報へのアクセスが容易になる」、28%が「すでに持っているデバイスでできないことはない」と回答しています。また、17%の人が「手頃な価格になったら購入を検討する」と回答し、およそ10人に1人(9%)が「バグが解決されたら検討する」と回答しています。

方法論

Nielsen Health and Wellness調査は、471人の回答者を対象にしたオンライン調査で、2014年2月に実施されたものです。

ニールセンのConnected Life Reportは、18歳以上の成人を対象に、Connected Lifeテクノロジーに高い関心を持つ現ユーザーまたは非ユーザーからなる3,956人の回答者を対象にした一般集団調査から得られた知見をまとめたものです。回答者は、2013年11月初旬にオンラインの自記式アンケートに回答しました。サンプルには、コネクテッド・ウェアラブル技術に関心のある2,313人の回答者が含まれています。