本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

イン・ザ・ストリームス変化するリスニング環境

2分で読めるシリーズ|2014年11月

テイラー・スウィフトの「1989」が3週連続で全米アルバム・チャートの首位を獲得し、現在までに190万枚以上のアルバムを売り上げています。しかし、売上は依然として物語の一部でしかありません。スウィフトの楽曲がSpotifyから削除されたことを受けて、オンデマンド・ストリーミング・サービスが引き続きニュースを支配している。他のアーティストやマネージャーなどの意見だけでなく、YouTubeもこの争いに加わり、待望のプレミアムオンデマンドサービスを開始しました。

前回は、ストリーミングサービスで聴きたい音楽が見つからないとき、音楽ファンはどのような行動をとっているのかについて調べました。その答えは、音楽消費者のタイプによって異なります。年齢や消費力に応じて、音楽を購入する、他で無料で入手しようとする、あるいはただ待つ、などです。

ニールセンのミュージック・コネクトのデータを見ると、11月9日に終わる週、多くのテイラー・スウィフト・ファンがどこにいたか明らかです:YouTube/Vevo。 スウィフトのビデオストリーミングのアクティビティは前週比で2倍になり、1989からのファーストシングルである「Shake It Off」のビデオ再生回数は120%以上増加しました。YouTubeの活動には、彼女の公式動画とユーザー作成コンテンツの両方が含まれていますが、スウィフトのチームは、同サービスから無許可の動画を積極的に削除しています。11月16日までの先週、彼女の最新ビデオ "Blank Space" がリリースされ、彼女のビデオストリームはさらに72%増加しました。この数字からは、彼女のファンがどれだけ音楽を聴いているのかがうかがえる。

ストリーミング全般が急増している。国民の8割近くが、過去1年間にオンラインで音楽を聴いたことがあると答えています。2014年11月9日に終わる週は、ニールセンが2004年にストリーミングのトラッキングを開始して以来、初めて1週間の総ストリーミング数が40億を突破しました。この記録的なストリームのうち、39億がオンデマンド、18億4500万がオーディオストリームで、オーディオストリームでは過去2番目に高い週となりました。また、この週はビデオについても過去最高を記録し、20 億を超えるビデオ ストリームがありました。しかし、このビデオの増加は、特定のアーティストが特定のサービスからコンテンツを削除したことを反映しているのではなく、今日のリスナーの音楽消費方法における全体的な変化を反映しています。