本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

ミュージック360アメリカ人が選ぶエンターテイメントのトップは「音楽

2分で読めるシリーズ|2014年10月

テクノロジーによって消費者の習慣が変化している断片的なメディアの世界において、音楽は私たちの日常生活のサウンドトラックであり続けています。ニールセンが米国の音楽リスナーの嗜好、習慣、好みについて毎年行っている詳細な調査「Music 360 2014」によると、米国の人口の93%が音楽を聴き、毎週25時間以上をお気に入りの曲に合わせて過ごしていることがわかりました。 

何億人ものアメリカ人にとって、音楽は最高のエンターテイメントであることを意味します。ニールセンについて 過去1年間の行動を調査したところ、75%の回答者が音楽を聴くことを積極的に選んだと答え、73%のテレビ視聴を上回りました。

音楽が日常生活に浸透している理由のひとつに、1日のあらゆる時間帯に音楽が私たちの生活に溶け込んでいることが挙げられます。音楽を聴く時間の約4分の1は運転中であり、仕事や家事で音楽を聴く時間は1週間のうち約15%を占めています。

音楽リスナーの 59% が毎週、AM/FM 放送やオンラインラジオを併用してお気に入りのアーティストやバンドを聴いており、ラジオは音楽消費における最高のプラットフォームとなっています。その他の人気プラットフォームとしては、消費者自身の音楽ライブラリ(48%)、Spotify、YouTube、Vevoなどのオンデマンドストリーミング音楽サービス(41%)、PandoraやiTunes Radioなどのキュレーションストリーミング音楽サービス(36%)などが挙げられます。これらの新しいテクノロジーは、音楽販売もサポートしています。オンラインまたはモバイル機器で音楽を聴いているデジタル音楽消費者のうち、18%はストリーミング中に曲を購入したことがあります。

スマートフォンは、ラジオ、パソコンに次いで音楽を聴くために使われる第三のデバイスですが、音楽鑑賞に与える影響は大きくなってきています。スマートフォンは、消費者が自分の言葉で、手のひらの上で音楽にアクセスすることを可能にし、現在10人に7人以上のアメリカ人が所有しています。スマートフォン所有者の39%が2014年にスマートフォンで音楽を購入し、1年前の34%から増加しました。

これは、米国の消費者の音楽習慣に関する連載の第一回目です。