本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

メディアの現状オーディオ・トゥデイ 2014年第3四半期

1分で読めるシリーズ|2014年9月

ラジオの全米聴取者数は2億4400万人で、市場の大小にかかわらず、あらゆる年齢層のリスナーに届いています。今期は、アメリカ人の10人に9人がラジオを利用しており、12歳以上の全ユーザーの91.5%が平日にラジオを利用しています。

これほど多くのリスナーがいる中で、人々がオーディオを聴く理由は、それぞれのバックグラウンドと同じようにさまざまです。そしてオーディオの世界には、地元のニュースから夏のヒット曲まで、すべての人に提供できるものがあります。その結果、ラジオは、各地域に特化した超ローカルなニュースや情報から、全国的な視点を持つネットワーク番組まで、さまざまなタイプのコンテンツを提供しています。

さまざまな消費者グループと接点を持つには、さまざまな番組の複雑さを理解することが不可欠である。本レポートでは、ネットワーク・ラジオと、Nielsen RADARが測定する46のラジオ・ネットワークが毎週提供する全国的なコンテンツの大規模なカタログに焦点を当てます。これらのネットワークは、毎週数千の局で全米に音声コンテンツを提供しており、米国のネットワークラジオの聴取者の大部分を占めている。これらのネットワークを合わせると、毎週1億8100万人以上のリスナーに、音楽、スポーツ、トークなど、さまざまなパーソナリティや視点からのコンテンツが提供されています。

ネットワークラジオの構成

ネットワークラジオの聴取者は、性別(女性よりわずかに男性が多い)、年齢(25歳から54歳の消費者が半数を占め、45歳から54歳が最大の聴取者グループである)において、全米ラジオの聴取者と同じである。

ja