本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

クルマは情報スーパーハイウェイ

3分で読めるシリーズ|2014年10月

自動車は大きなビジネスです。テクノロジーが私たちの生活に浸透し続ける中、自動車業界は、運転中もつながっていたいという消費者の欲求を利用し、収益基盤を拡大しています。自動車業界はまた、一連のテレビ広告でコネクテッド・カーの選択肢を増やしています。自動車の購入がいかに個人的なものかを考えると、新しいコネクティビティ機能は、ハンズフリー通話を必要とする働く母親から、地元のホットスポットを予約したい20代の独身者まで、自動車メーカーがすべての人のためにコンテンツをパーソナライズするのに役立っているのです。

実際、今後2年以内に新車を購入する予定の44%の自動車購入意向者のうち、39%は機能内蔵のコネクテッドカーを購入する可能性が非常に高いと回答しています。では、何が魅力なのでしょうか?多くの場合、それは「クールであること」に尽きます。60%の自動車購入予定者は、新しいテクノロジーを体験したいからコネクテッドカーが欲しいと答え、58%は走行中に同乗者にエンターテイメントを提供できると感じ、43%は走行中の生産性を向上させると回答しています。

道案内やエンジン診断など、接続オプションの増加は、広告主やマーケティング担当者にとって、快適なコックピットで消費者にアプローチするユニークな機会を提供します。

では、コネクテッドカーのユーザーとはどのような人たちなのでしょうか。

この調査によると、大多数は男性(58%)で、42%が55歳以上、62%が少なくとも大卒で、37%が年収10万ドル以上であることがわかりました。さらに、コネクテッドカーは、車内で十分な時間を過ごすドライバーにとって、さらなる利便性を提供することができます。実際、コネクテッドカーユーザーの37%は、日常的に30分から1時間、車の中で過ごすと回答しています。

コネクテッド・セーフティ。アラート・トゥデイ、アライブ・トゥモロー

お金で完全な保護ができるとは限りませんが、コネクテッドカーはそのギャップを埋めるために多くのことを行うことができます。ニールセンの調査によると、安全性は消費者の間で最も重要な価値観であり、コネクテッドカーを購入する動機付けとなる機能の上位にランクインしています。将来の購入意向者では、79%が自動車の安全機能によって安全性を感じられると回答しています。コネクテッドカー技術のユーザーは、衝突通知(64%が非常に重要)、インターネット対応ナビゲーション(58%が非常に重要)、安全警告(51%が非常に重要)にも価値を認めています。コネクテッドカー利用者は、自動車購入の意思決定プロセスにおいて、これらと同じ機能を最も重要であると評価しています。

ホットウィール情報・エンターテイメント

しかし、コネクティビティは、ニールセンについて 安全性だけではありません。接続は安全性だけでなく、楽しさや情報にもつながります。ニールセンの最新レポート「Music 360」によると、毎週聴く音楽の約4分の1が車の運転中に聴いています。コネクテッドカーユーザーの46%は運転分析を利用し、41%は道路を走るたびにワイヤレスホットスポットを利用しています。また、エンターテインメントのためにニールセンについて 3分の1が接続されています。2014年第2四半期に

  • コネクテッドカーユーザーの36%が車内で毎回オーディオストリーミングを実施(36%が定期的にストリーミングを実施)
  • 26%が「車に乗るたびにインターネットに接続する」と回答(41%は定期的に接続する)
  • 21%が車に乗るたびに接続環境を利用してメディアをダウンロードしている(27%が定期的に利用している)

ホットスポットの接続性に関しては、若干の男女差があります。実際、ワイヤレスホットスポットを内蔵したコネクテッドカーを所有する男性の74%、女性の84%が、車をワイヤレスホットスポットとして使用することは、コネクテッドカーの技術としてやや重要、または非常に重要であると回答しています。

メソドロジー

ニールセンのConnected Life Reportは、18歳以上の一般人口を対象に、コネクテッドホーム、自動車、ウェアラブルテクノロジーの3つのうち少なくとも1つを使用しているか、非常に、非常に、またはある程度関心があると回答した5,985人から得られた知見をまとめたものです。回答者は、2014年5月下旬から6月上旬にかけて、オンラインによる自記式アンケートに回答しています。米国の全人口を代表するものではありません。