本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

デジタル・ドライブスーパーボウルチームとファンがフィールドの外でつながる方法

2分で読めるシリーズ|2014年1月号

フットボールファンは、シーズン中もスーパーボウルまで応援してくれる、贔屓のチームにとってかけがえのない存在です。その証拠に、シアトル・シーホークスのファンは、今シーズンのホームゲームで観客動員の世界記録を樹立しました。メットライフ・スタジアムでは、両チームともホームグラウンドの優位性を主張することはできませんが、デジタル競技場では、どちらのチームのファンが優位に立つのでしょうか?今回は、試合前にソーシャルメディアやモバイルを利用して、ファンがどのように贔屓のチームとつながっているのか、詳しく調べてみました。

ソーシャル・スクリメージ

多くのアメフトファンは、試合当日、ソーシャルメディアを通じて自分たちのハドルに参加することだろう。2013年のスーパーボウルXLVIIでは、視聴者は2610万件のツイートを送信しました。NielsenのSocialGuideによると、1090万人のユニーク視聴者が1月19日のCBSでのAFCチャンピオンシップゲームニールセンについて 、合計約250万件のツイートを見、1140万人が同じ日にFOXでのNFCチャンピオンシップゲームニールセンについて 、500万件のツイートを見ました。

ファイル

モバイルモーション

サッカーファンもスマートフォンに釘付けで、試合中にモバイル端末をセカンドスクリーンとして使用することも少なくありません。実際、シーズン開幕時(2013年9月)には、米国の成人1000万人以上がスマートフォンでファンタジー・フットボールのアプリを利用していました。12月には、昨シーズンの2倍となる900万人以上のファンがNFLモバイルアプリにアクセスし、スマートフォンアプリを1人平均37分間使用しました。NFLモバイルアプリの利用者の多くは男性でした(74%)。世帯収入が7万5000ドルから10万ドルのファンは、平均的な成人のスマートフォンユーザーと比較して、アプリを開く確率が43%も高くなりました。また、ヒスパニック系住民はスマートフォン所有者とフットボールファンの両方において増加傾向にあり、この層はNFLモバイルアプリのユーザーのほぼ5人に1人(19%)を占めました。

どのチームが優勝しても、ファンはデジタルメディアを利用して、すべての出来事を記録することでしょう。