本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

アパートのテレビの位置

7分で読めるシリーズ|2014年1月号

テレビを置く場所として最も人気があるのは「寝室」。テレビ世帯に住む人の71%がその部屋にテレビを設置しています。2013年10月のニールセン視聴者調査データによると、私たちはテレビを見る時間のほとんどを寝室で過ごしており、1日の視聴量のうち52%が寝室で視聴していることがわかりました。

ブダペスト、2014年1月6日 - 2013年10月、ハンガリーでは半数の家庭が複数のテレビを持っていました。Nielsen Audience Surveyは、テレビに関する特別なデータベースを用いて、アパート内のテレビの配置と、アパートの様々な部屋での視聴行動を調査しました。

1日のテレビ視聴の部屋別分布

国民全体では、1日平均277分のテレビ視聴のうち、2013年10月は145分と、寝室でのテレビ視聴が半分以上を占めています。リビングのテレビは1日平均108分、子供部屋のテレビは12分、キッチンの機器は9分、アパートの他の部屋のテレビは3分しか見ていませんでした。
4~17歳は1日191分のうち4分の1を子供部屋のテレビの前で見ており、リビングと寝室の両方でテレビを見る時間が多くなっています。

商業的に有力な18-49歳の年齢層による1日4時間近いテレビ視聴時間の部屋別分布は、全人口の分布とほぼ同じである。寝室で52%、リビングで41%、子供部屋で4%が機器の前に座ってテレビを見ている。
50歳以上の人々は10月に1日6時間テレビを見ましたが、そのうち寝室とキッチンで過ごす時間が平均より多く、リビングでは比較的少なかったです。

アパート内のテレビの位置

総人口のうち、テレビの設置場所は寝室が最も多く、2013年10月末時点で、テレビ世帯の71%が寝室に、54%がリビングに、17%が子供部屋に、9%がキッチンにテレビを設置していることがわかりました。
テレビ1台世帯では、半数がリビングに、48%が寝室にテレビを設置していた。複数テレビ世帯の大多数では、86%が寝室にテレビを1台置いていた。56%がリビングに、27%が子供部屋に、15%がキッチンに、5%がその他の部屋にテレビを置いていた。


50歳以上では、若い世代に比べ寝室のテレビの割合が高く、リビングルームの割合が低い。当然のことながら、子供部屋のテレビの普及率は年齢によって最も大きな差がある。4~17歳の41%が子供部屋に
テレビのある家庭に住んでいるが、他の二つの年齢層ではその割合はかなり低く、18~49歳の20%と50歳以上のわずか4%が子供部屋とテレビのあるマンションに住んでいるに過ぎない。キッチンは50歳以上が中心だが、テレビがキッチン用品のリストを大きく増やすことはなく、わずか11%である。

1室につき毎日利用可能

寝室にテレビがある人の6割以上が1日1分以上電源を入れ、リビングルームのテレビも同様に1日1分以上電源を入れる。子供部屋にテレビがある人の29%がここで日常的にテレビを利用しているのに対し、キッチン家電では44%だった。
テレビ世帯に住む人の83%が、寝室にある場合は平均1日のうち1分以上テレビをつけており、リビングにある場合は76%だった。複数テレビ世帯に住む人の53%が寝室で、55%がリビングで、28%が子供部屋で、42%がキッチンでテレビを使用。 (割合は常に自室にテレビがある人の場合)。

子供部屋にテレビがある4~17歳の半数は、平均して1日に1分以上ここでテレビを見ている。平均的な日にリビングでテレビを利用した子どもの割合は54%とやや高い。
寝室やリビングにテレビがある場合、18-49才の57-57%がテレビを見ている。保育園では20%、キッチンでは29%の子どもがテレビのスイッチを1分以上入れている。


50歳以上の7割以上が、寝室とリビングで毎日テレビを見ている。また、台所にテレビを置いている人も63%と大半の人が毎日利用していた。しかし、年長者の部屋は、その機会があるメンバーが集中的に見ているわけではなく、子供部屋で流れている番組を1分以上見ている人は10%に過ぎなかった。

部屋ごとの1日の視聴時間

総人口は平均1日に寝室で204分、リビングのテレビの前で202分とほぼ同じ時間を過ごしている。部屋にテレビがある人は、子供部屋で68分、キッチンで93分テレビを見ていた。
テレビ世帯の人は、リビングに置いた人より寝室に置いた人の方が、327分と長い時間テレビを見ていた。後者の場合、1日平均は279分であった。


多テレビ世帯では、各部屋にテレビがある場合、寝室で1日平均159分、リビングで163分、子供部屋で62分、キッチンで85分視聴している。
アパートの各部屋での1日の視聴時間を年齢層別に見ると、4~17歳はリビングでのテレビ視聴時間が最も長く、1日平均135分で、子供部屋のテレビより20分近く長い。それ以外の台所のテレビを持っている若者は、台所で30分もテレビを見ていない。

18歳から49歳の人々は、寝室で1日172分、居間でほぼ同量の170分視聴していた。子供部屋にテレビがある年齢層のメンバーは、平均4分の3時間テレビを使用し、キッチンで1日52分間機器を見ています。
50歳以上の人は、寝室で4時間半以上、リビングでニールセンについて テレビを見ている。50歳以上の人も、キッチンで1日145分テレビを見ていますが、子供部屋で機器を見る時間は1日18分しかありませんでした。

チャンネルグループにおける視聴者比率

2013年10月、国民全体のテレビ視聴時間のうち、国営民放が30%を占めている。一般視聴チャンネルが合計17%、公共放送が14%、映画チャンネルが9%、子供向けチャンネルが5%を占め、残りのテレビ視聴時間はテーマ別チャンネルが分担している。DVDやビデオ、ゲームに費やす時間はテレビ視聴時間全体の3%、その他のテレビ利用は7%であった。
子供部屋のテレビ利用状況を部屋別に見ると、子供部屋のテレビ利用が平均と最も異なっており、今期は子供部屋のテレビ消費のうち、子供向けチャンネルの番組が4分の1を大きく占めています。国営放送の商業チャンネルの消費と、子供部屋のテレビに占めるDVD、ビデオ、ゲームの比率は、平均よりまだ若干高い。一方、映画や公共放送のチャンネルは、子供部屋のテレビ利用において平均的な割合を占めている。
テレビにとって最も重要な2つの部屋の場合、リビングルームと寝室はチャンネル嗜好に大きな差はない。台所のテレビ視聴では、総合エンターテイメントチャンネルの消費が平均より高い24%を占めるが、公共サービスチャンネルやニュースチャンネルの視聴時間の割合も際立って高い。


ニールセンについて Nielsen Audience Measurement
は、独立した透明性の高いシステムに基づいて、テレビ会社、代理店、広告主に日々「共通通貨」を提供しています。当社の視聴者測定の独立性、専門的な信頼性、信用性は、複数の異なる独立した評価と監査によって確認されています。