本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

Allニールセンについて the Benjamins:メディア利用に関しては、所得水準が重要な要素となる

2分で読めるシリーズ|2015年12月

米国の消費者がメディアを利用する場合、「無駄をしない、欲しがらない」という公理は、特に真実味を帯びてきます。Nielsen社の第3四半期Total Audience Reportでは、さまざまな経済層におけるメディア習慣に焦点を当て、所有と利用が決定的に重要であるとしている。

収入が多い人ほど、流行の新しいタブレットや話題のストリーミングサービスなど、先進的な技術をより多く利用できる傾向がありますが、収入が少ない人ほど、苦労して稼いだお金を使うメディアにより多くの時間を費やしているのです。

このレポートでは、10種類の機器・サービスを調査し、普及率はどの例でも同じパターンで、所得の高い家庭ほど多くの機器・サービスを利用していることがわかりました。例えば、2015年8月、年収25,000ドル未満の家庭の成人の38%がゲーム機にアクセスできました。同時期に、75,000ドル以上の収入の家庭の成人の58%が、自分の家の中にゲーム機を誇っていました。この傾向は、タブレット、スマートテレビ、ストリーミングサービスなど、新しいサービスやテクノロジーにおいても、さらに顕著に現れています。

しかし、家庭で機器やサービスを利用できるからといって、必ずしもその家庭の住人がそれらを利用しているとは限りません。

さらに、低所得世帯の大人で、実際にこれらの機器やサービスを持っている人は、伝統的なメディアと新興メディアの両方で、より多く利用していることがわかったのです。

「高所得世帯はより多くのデバイスを所有していると予想していましたが、あらゆるデバイスを所有する低所得者層がより多く利用しているとは予想外でした。"低所得者のメディア行動は、より少ないデバイスに集中し、所有するデバイスの利用時間がより長くなる可能性があります。"一方、高所得者はより多くのデバイスに時間を配分しています。

また、この報告書では、メディアとつながるための経済学が、多文化の境界線上でどのように展開されているかを調べ、お金が偉大な平等装置であることを明らかにしました。

各所得層の成人は、人種や民族に関係なく、機器やサービスの所有パターンが同じで、利用方法もどの所得層でも同じように展開されます。

例えば、マルチメディア機器の成人ユーザーを見ると、2015年第3四半期に5万ドル未満の黒人家庭は月平均33時間以上、ヒスパニック系家庭はニールセンについて 27時間、アジア系アメリカ人家庭はニールセンについて 41時間でした。同じ民族で収入が5万ドル以上の家庭では、マルチメディア機器に費やす月間時間は20時間(黒人)、ほぼ19時間(ヒスパニック)、25時間(アジア系アメリカ人)に縮小している。

所有率だけでなく、米国の消費者のさまざまな経済レベルが、手元にある多くのデバイスをどのように活用し、アクセスしているかを知ることは、多くの視聴者にリーチしようとする番組制作者やマーケティング担当者に新しい視線を提供するのに役立ちます。