本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディデジタルビデオ視聴の進化

1分で読めるシリーズ|2015年9月

視聴環境が進化し続ける中、より多くの成人がデジタルビデオプラットフォームに関心を移すようになっています。広告主や代理店は、プレミアムビデオの視聴傾向の変化が、ブランドインパクトやキャンペーン効果にどのような影響を与えるかを理解することに関心があります。効果の高い戦略を策定し、ROI を最大化するためには、デジタル動画の成長に焦点を当てた詳細な視聴率測定が必要です。

動画の消費パターンをより深く理解するために、GoogleはNielsenと提携し、テレビ、デスクトップ、スマートフォン、タブレットなどのデバイスで測定した、視聴者がテレビ、YouTube、その他のデジタルプロパティに費やす時間の前年比変化に関するより深い洞察を明らかにすることにしました。  

ニールセンの分析によると、18~49歳では、テレビの視聴時間が約10%減少したのに対し、YouTubeの視聴時間は2013年12月から2014年12月にかけて44%増加しました(12月は伝統的にテレビ視聴が多い月であるため選択されました)。また、YouTubeは同期間中、すべてのデジタルビデオプラットフォームをリードし、他のどのプレミアムデジタルビデオプラットフォームよりも多くの成人にリーチしています。

この調査により、広告主や代理店にとって、デジタル動画は増え続ける視聴者にリーチし、ブランドメッセージを伝えるためのますます重要な機会であることが明らかになりました。Googleは、多大なリーチの増加をもたらすことができるデジタルビデオプラットフォームとして、YouTubeの実力が高まっていることを検証しています。

詳細については、ケーススタディの全文をダウンロードしてください。