本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

Grow and Tell: 幼児からティーンエイジャーになるにつれ、子どもたちのメディアも変化していきます。

3分で読めるシリーズ|2015年3月

多くの親にとって、子供の成長はあまりにも早いものです。オムツのとれた幼児から、愛着心の強い小学1年生、気まぐれなティーンエイジャーへと、あっという間に変貌を遂げ、自立やプライバシー、自分の意思を主張するようになるのです。

しかし、若い消費者が成長するにつれ、彼らのメディア習慣も変化します。実際、ニールセンの分析によると、若い視聴者が認知的、発達的に変化するにつれて、クロスプラットフォームの習慣も変化することが分かっています。このような変化は、若い視聴者の好奇心、社会的交流、特定の興味が芽生え始める8歳ごろに起こり始めることが多いようです。

子供のメディア消費は、年齢層によって、漉し豆から銀食器に移行するようなもので、好み、視聴や聴取の好み、さらには一緒に視聴する相手にも明確な違いがあるのです。

ニールセンについて 例えば、全児童(2~17歳)の95%以上が従来のテレビを好んで見ており、その時間は週に20時間以上、ヒスパニック系の子どもは平均して30分以上です。分析の結果、2014年3月に14~17歳の10代の29%が少なくとも1分間はコンピュータでオンラインになっており、年長の子どもやティーンはよりコンピュータでオンラインになっていることがわかりました(ニールセンについて )。

そして、2歳から17歳のデモに進むにつれて、子供たちの自立心は否応なく高まっていきます。そしてさらに、多くのプラットフォームで、共同視聴の発生率が低くなっていきます。

従来のテレビでは、2〜4歳の子供の75%が家庭内で誰かと一緒に視聴していると分析されていますが、その割合は子供の年齢とともに確実に減少しています。実際、14〜17歳の10代の子供たちのうち、家庭内の誰かと一緒に視聴しているのは37%に過ぎません。

デバイスの使用状況では、タブレット端末は若い子ほどよく使っており、他人のデバイスを使っていることが多いようです。それに対して、12~17歳の子どもたちは、ほとんどが自分のスマートフォンを使っています。例えば、2014年には14~17歳の10代の80%が自分のスマートフォンを使っており、その利用を促進する要因の1つがソーシャルネットワーキングであった。実際、自分のデバイスを持っている14~17歳の回答者の80%が、ソーシャルネットワークにアクセスしたり、ウェブを閲覧したり、アプリを利用したりしたと答え、このグループの90%がデバイスでビデオを視聴していたのです

しかし、その違いは目に見えるものだけではありません。聞くものにも違いがあるのです。

子供たち全体のラジオ利用率は、6~11 歳の子供たちと 12~17 歳の 10 代の子供たちで 90%近くを維持していますが、それぞれのグループが聴くコンテンツは顕著に異なっています。また、共同視聴が広く普及し、消費されるコンテンツの種類に影響を及ぼしていることが分析から判明しました。例えば、子供たちが大人と一緒に聴く場合、その時間の39%はアダルト・コンテンポラリーやコンテンポラリー・ヒッツのフォーマットでジャムるために費やされています。しかし、大人の影響がない場合、子供の平均視聴時間の約半分(47%)がこれらのフォーマットに費やされます。

コンテンツとデバイスの選択に関して子供の嗜好を知ることは、マーケティング担当者とプログラマーが、潜在的な投資収益と若年消費者に直接アプローチするための最良の方法を決定するのに役立ちます。結局のところ、シリアルの箱や最新のおもちゃ、新しいビデオゲームを欲しがる幼児を、親はどうやって断ることができるでしょうか?

メソドロジー

メディア消費に関するテレビとコンピューターのデータは、Nielsen National People Meter(NPM)パネルから収集したもので、米国の年齢、人種、民族の代表的な人口統計です。モバイル機器のメディア消費は、英語とスペイン語の両方で実施された特別に設計された代表的な電話調査によって収集されました。ラジオの消費データは、ニールセン・ポータブル・ピープル(PPM)パネルから収集されました。すべてのデータはCOPPAに準拠し、保護者の同意のもとに収集されました。