本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

変化するNZの消費者

3分で読めるシリーズ|ニールセン社 コンシューマー&メディアインサイト リージョナルディレクター ケイト・テリー|2015年7月号
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
ニュージーランドは様々な面で変化しており、そのスピードは人々が想像しているよりも速い場合が多い。この変化を理解することは、かつてないほど重要なことです。メディアオーナー、ブランドオーナー、エージェンシーは、それぞれのビジネスにとって重要なターゲットグループやセグメントのニーズに応え続けるために、過去、現在、未来のトレンドに関するこの知識を必要としています。

人口が変化している

  • 私たちは多文化になりつつあり、特にオークランドではそれが私たちの文化観に影響を及ぼしています。多文化社会の長所と伝統的な文化的価値の重要性を認識するニュージーランド人は、これまで以上に増えています。
  • 2025年には150万人の人口を抱えることになるオークランドは、ニュージーランドの他の地域と比べ、文化的な違いも含め、その成長は大きな意味を持ちます。オークランドに特化したレポートやインサイトを求めるクライアントも増えてきています。オークランド戦略が必須となる中、最大の都市であるオークランド以外の地域の人々の非常に異なるニーズにも対応できるような「ノンオークランド戦略」にも同様に注意を払うべきなのだろうか。
  • 2025年には半数以上が45歳以上になり、65歳以上の5人に1人がまだ働いていると予想されます。50歳以上の年齢層には、経済の健全性と成長にとって重要な中小企業の経営者も多く含まれています。

私たちの嗜好は変化している

  • 毎月140万人がグルメサイトを訪れています。そして、20万人以上の人が、過去4週間にグルメ食品、食材、レシピを自宅に届けてもらっているのです。多くの消費者にとって、本物志向はますます高まっています。
  • 同時に、私たちはしばしば移動しながら生活しており、利便性に対するニーズはかつてないほど高まっています。過去10年間、私たちは間食の行動に大きな変化をもたらし、いくつかの伝統的な主食(例:トーストやサンドイッチのパン、朝食用シリアル)はその魅力を失っています。テイクアウトの世界では、マクドナルドがフィッシュ&チップスと並んでナンバーワンになりました。
  • スポーツやレジャーの選択肢も変化しています。アウトドアへの愛着が再燃し、個人のフィットネスに新たな焦点が当てられています。ラグビー、リーグ、クリケット、ネットボールといった伝統的なスポーツの多くが後退する中、ウォーキング、キャンプ、ワークアウトの人気が高まっています。それでも、スポーツは我が国にとって非常に重要であることに変わりはありません。大きなイベントには多くの観客が集まり、スポーツのウェブサイトには多くの訪問者が訪れます。

メディアの嗜好が変化し、デジタル化が進んでいる

  • 2025年には、固定電話は過去のものとなり、モバイルが普及すると言われています。
  • ニュージーランドの若年層は、すでに毎週12時間ものビデオコンテンツをオンラインで視聴しています。
  • しかし、払拭しなければならない都市伝説がある。伝統的なメディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)は、少なくとも今のところ、まだかなりの注目を集め、毎週何百万人もの人々に届けられています。多くのニュージーランドの人々にとって、伝統的なメディアは依然として重要であり、それゆえ多くのブランドにとって重要なのです。課題は、キャンペーンに最適なメディア・ミックスを見極めることです。
以下のビデオは、これらのポイントのいくつかに触れ、また他のポイントも強調しています。ぜひご覧いただき、共有してください。