本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

VW「Wings」がニールセンの自動車広告賞で最優秀賞を受賞

3分で読めるシリーズ|2015年4月

テレビを見る人は皆知っているように、テレビを見ながら気が散ることはこれまで以上に多くなっています。多くの人がポータブル・テクノロジーを家中持ち歩くようになった今、私たちはまさに「接続され、気を散らす生活」を送っているのです。そのため、テレビ広告の効果はかつてないほど重要です。広告主は、視聴者の注意を引き、広告を見る理由を与えなければなりません。本日、ニールセンは第9回ニールセン自動車広告賞の受賞者を発表し、フォルクスワーゲンの「Wings」スポットが自動車広告賞として評価されました。

この賞は、ニールセンの全米テレビ広告効果調査の結果に基づき、視聴者が広告を思い出す能力、正しいブランドの関連性を記憶する能力、メッセージや行動を呼び起こす能力、そしてもちろん、見たものを好きになる能力が考慮されています。受賞した広告は、スーパーボウルXLVIIIで初公開されました。この広告は、VWが10万マイル以上の走行距離の車を最も多く所有しているという主張を中心に展開されています。この広告は、代表的な映画「素晴らしき哉、人生」の1シーンを彷彿とさせます。VWが10万マイルを達成するたびに、ドイツのエンジニアが羽を伸ばすという内容です。この広告はユーモラスに視聴者の心をとらえ、ニールセンのAutomotive Ad of the Yearの候補の中でトップの座を獲得しました。

その他の大賞受賞者は以下の通りです。

  • ベストセールスイベントキャンペーントヨタ "みんなでつくるNo.1"
  • ラグジュアリーキャンペーンオブザイヤービュイック "エクスペリエンス・ザ・ニュー・ビュイック"
  • スペインTV広告賞トヨタ自動車

2015年ニューヨーク国際自動車ショーで発表された「ニールセン自動車広告賞」は、テレビにおける自動車広告の効果を測定する唯一の賞です。

方法論

Nielsen TV Brand Effectは、過去24時間以内に番組を視聴したテレビ視聴者の全国を代表するオンラインパネルを採用しています。これらのパネリストは、視聴した番組と接触したコマーシャルについて、ニールセンについて のアンケートに答えます。パネリストは(臨床研究環境ではなく)自然な環境で見たものに基づいて回答するため、テレビコマーシャルに対する現実の反応と記憶が結果に反映されます。ニールセンは、調査対象となるデイパートとネットワーク内のすべてのナショナル・コマーシャルを対象に調査を実施しています。

ニールセン・オートモーティブは、自動車アワードにおいて、4つの主要な指標を活用しました。

  • 広告の記憶性。その広告が、広告の枠を超えるほど印象的であったか
  • ブランドの記憶力。テレビ視聴者は誰の広告か思い出したか?
  • メッセージの記憶性。視聴者は、広告の主要なメッセージを思い出したか?
  • 好感度。広告が魅力的だったか(テレビ視聴者がその広告を気に入ったか)?

ニールセン自動車広告賞のファイナリストは、2014年の広告パフォーマンス結果をもとに決定されました。

オートモーティブ・アド・オブ・ザ・イヤー

結果は、18~54歳の成人に特化したものです。2014年に発売されたすべての自動車広告を、メディアがパフォーマンスの主な駆動要因にならないよう、同様のメディアウェイトレベルで評価しました。広告は、広告想起、ブランド想起、メッセージ想起に基づき評価されました。

ラグジュアリーキャンペーンオブザイヤー

結果は、ラグジュアリー層(25-54歳、世帯収入75,000ドル以上)の視聴者に特化したものです。同じ車種やブランドのキャンペーンに含まれる広告を一緒に評価しました。広告想起、ブランド想起、好感度に関する総合的なパフォーマンスに基づいて評価されました。

スペイン語テレビ広告主年間最優秀賞

結果は、より一般的な非高級車ターゲットである18~54歳の視聴者に特化したものでした。各自動車ブランドは、スペイン語広告の広告想起、ブランド想起、好感度に関する複合的なパフォーマンスに基づいて評価されました。

ベストセールスイベントキャンペーン

結果は、18-54歳の成人に限定しています。各自動車テレビ販売イベントは、広告想起、ブランド想起、メッセージ想起の複合パフォーマンスに基づいて評価され、メディアがパフォーマンスの主要な推進要因にならないように、同様のメディアウェイトで結果が算出されました。

ja