本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

あなたの家からホワイトハウスへ。大統領選の討論会

1分で読めるシリーズ|2016年8月

選挙期間中、テレビは大統領候補者にとって、報道から記者会見、そしてコマーシャルに至るまで、重要な戦場となる。しかし、11月が近づくにつれ、実際に候補者が対決するのはテレビ中継される大統領討論会であり、歴史的に見ても、多くの有権者がこの言葉のぶつかり合いを見ようとチャンネルを合わせてきたのである。

テレビ放映された大統領討論会の世帯視聴率の50年以上の歴史を見ると、これらの注目度の高い政治イベントは、21世紀に入ってから最大の視聴者数を記録しています。

視聴者数上位10回のうち6回は、過去3回の選挙期間中に行われたものである。このうち、バラク・オバマ大統領は5回に出演しており、ミット・ロムニーと対戦した2012年最初の討論会が現在首位に立っている。

2012年の選挙までは、1980年に行われたジミー・カーターとロナルド・レーガンの歴史的な討論会がトップでした。4,580万世帯で、1980年の大統領選の単独討論会は約32年間首位を維持しました

今年もまた、歴史的な大激戦となった大統領選挙が行われるが、テレビでの大統領討論会の人気は依然として健在である。1960年の大統領選で初めてテレビ討論が行われて以来、50年以上にわたって、プライムタイムのテレビ番組として多くの人々に支持されている。このままいけば、2016年には、より多くのアメリカ人が、未来の大統領をテレビで迎え入れることになるかもしれない。