本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

未開発の可能性?中国の音楽消費者を理解する

3分で読めるシリーズ|2016年4月

消費者がコンテンツとの関わり方についてかつてないほどの選択肢を持つようになった今、マーケティング担当者は、消費者とつながるための手段として音楽を支持しています。スポンサーシップ、アーティストの推薦、広告の音楽など、ブランドマーケティング担当者は、音楽が強力なツールになることを理解しています。

音楽は消費者との関係を深めることができますが、新しい市場を開拓することは消費者の数を増やすことができます。巨大な人口を抱え、豊かさを増している中国は、ブランドにとって非常に魅力的な存在です。世界中で消費者需要がどのように進化しているかを理解することに重点を置く非営利のシンクタンク、The Demand Instituteは、中国の消費者は今後10年間で56兆ドルを消費すると予測しており、主に若くて裕福で、可処分所得でつながりのある消費者層がその主導権を握っているという。中国の消費者は確かに音楽が好きですが、この地域の音楽消費行動は所得水準によって異なります。中国の消費者と音楽でつながろうとするマーケティング担当者にとって、これらの層の違いを理解することは非常に重要です。

ニールセンの新しいMusic 360 Chinaレポートによると、中国の一般人口の72%が音楽を聴いており、その時間は週平均16時間です。しかし、平均世帯収入が最も高い層が最も音楽リスナーであり、他の層よりも多くの時間とお金を音楽に費やしています。北京、上海、広州などの都市に住み、平均所得が最も高いこれらの「ティア1」消費者は、一般人口よりも15%多く音楽リスナーである可能性があります。彼らは音楽を聴く時間が長く、平均で週に19時間、自由裁量の収入の多くを音楽に費やしています。また、英語の音楽、特にジャズ、ポップス、ロックを聴く傾向が最も高い。

中国の「Tier 2」消費者(Music 360 Chinaレポートで分類)の74%は音楽リスナーで、1週間の聴取時間は全国平均と同程度です。また、「Tier 3」の消費者は、音楽を聴く時間が最も短く、娯楽費全体に占める割合も最も低いですが、スマートフォンで音楽を聴く割合は富裕層の消費者とほぼ同じで、同国におけるモバイルの普及率の高さを示しています。

これらの統計をベンチマークするために、Tier 1グループと米国の音楽消費を比較してみたところ、富裕層の消費者にとっては、中国でも米国とほぼ同様に音楽の視聴やエンゲージメントが普及していることがわかりました。実際、中国の最も裕福な音楽リスナーにとっては、ライブ音楽イベントへの参加が米国よりもさらに人気があり、Tier 1回答者の57%がライブ音楽イベントに参加しているのに対し、米国の一般集団では51%にとどまりました。そして、米国で音楽ビジネスの展望を変えつつあるオンライン・ストリーミング音楽は、中国でも人気を集めています。実際、中国のTier 1リスナーの71%が通常の週にオンライン・ストリーミング・サービスを聴いており、米国の音楽リスナーの75%に匹敵する勢いです。

ブランドにとって、音楽ベースのスポンサーシップへの参加は、中国の消費者にリーチするための確かな方法となり得る。彼らは音楽への関心が高いだけでなく、ブランドが関与した場合、一般的に好意的であり、音楽の無料ダウンロードや懸賞を提供するプロモーションが最も高い純好感度を得ています。

その他の考察については、ニールセンのMusic 360 Chinaレポートをダウンロードしてください。