本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

NASCARのスーパーボウル・サンデー。デイトナ500

4分で読めるシリーズ|2017年2月

フットボールのシーズンが終わった後の2月の寒さの中、もう一つのメジャーな観戦スポーツが熱を帯びています。バスケットボール、野球、フットボール、ホッケーなどの多くのアメリカンスポーツとは異なり、NASCARは1年で最大のイベントで新シーズンをスタートさせます。アメリカ国内の一部はまだ深い凍結状態にありますが、アメリカ国内の自動車レースファンはフロリダの太陽の下で暖まり、「ビッグワン」を避けようとしながら時速約200マイルで順位を競い合うストックカーを観戦します。デイトナ・インターナショナル・スピードウェイに毎年足を運ぶファンに加え、何百万人ものファンが自宅でくつろぎながらテレビのライブ放送を視聴しています。

デイトナ500は、インディアナポリス500、モナコGP、ル・マン24時間レースと並び、モータースポーツ界で最も権威のあるイベントの一つです。Nielsen SportsのSponsorLinkによると、このレースは、スーパーボウル、ワールドシリーズ、NBAファイナル、オリンピックと並んで、アメリカの「見逃せない」スポーツイベントのトップ10にランクインしています。

デイトナ500は、年間を通して数百万人のファンが集まる、スポーツイベントの中でも象徴的で独特なレースです。今年は、モンスター・エナジー社が新しいシリーズ・エンタイトルメント・スポンサーとなり、レース・フォーマットが変更されるなど、いくつかの重要な変更が行われる予定です。

「アメリカで最も視聴された自動車レースとして、第58回デイトナ500の全米放送は2016年に約2000万人に到達しました」とニールセン スポーツ ノースアメリカ エグゼクティブ バイスプレジデントのピーター・ラッツは述べています。「このレースは、その年のNASCAR視聴者の中で最も若く、最も共同視聴されたレースであり、半数が他の人と一緒に視聴していました。また、家庭外での視聴で視聴率が15%上昇しました。"

NASCARは、大都市でも小さな町でもファンに届いています。昨年のデイトナ500の視聴者数は、ニューヨークが世帯数ベースでトップでしたが、フロリダの2つの市場、自動車レースの中心地であるシャーロットやインディアナポリスもトップ10の中に入っていました。

ソーシャルサークル

デイトナ500はソーシャルメディアのイベントでもあり、オンラインプラットフォームでのエンゲージメントを促進しています。ニールセン・ソーシャルによると、昨年のレースは2016年の放送日に最も「ツイート」されたニールセンについて テレビ番組で、2015年から48%増の439,000ツイートがありました。NASCARの最も人気のあるドライバー賞を14回受賞したデイル・アーンハート・ジュニアがレースで着用した消防服を獲得するコンテストに、指の速いファンが応募した際、Twitterのアクティビティは1分間に1万1000件以上とピークに達しました。

ブランド露出のためのビークル

Fortune 100 ブランドの約半数が NASCAR に投資しており、ファンは、スポンサーシップ資金がお気に入りのドライバーやチームのパフォーマンスに果たす役割を理解しています。Nielsen Sports によると、デイトナ 500 は NASCAR、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ、モンスターエナジー NASCAR カップシリーズに参戦するチームに関連するブランドにとって最も価値のある露出を提供するレースです。Nielsen Sportsは、昨年のデイトナ500のレース中に放送された196の親ブランドを特定しました。ニールセン・スポーツ 社のクオリティ・インデックス(QI) メディアバリューによると、この露出は6500万ドル以上の価値があるとされています。

Nielsen Sports SponsorLink によると、NASCAR ファンの 91% は、スポンサーシップに基づいて企業のブランド、製品、サービスを検討する可能性があり、一般人口の 61% と比較して、その可能性が高いことがわかりました。さらに、NASCARファンの84%は、イベントやスポーツのスポンサーである企業に対して忠誠心を感じており、一般人口の74%に比べ、その割合が高いことがわかりました。

NASCARカップシリーズの新しいエンタイトルメントスポンサーであるモンスターエナジーは、すでにデイトナ500の視聴者の間でエナジードリンクのカテゴリーをリードしています。Nielsen Scarborough社の調査によると、モンスターエナジーは、デイトナ500の視聴者が選ぶエナジードリンクのブランドとして、次のブランドよりも31%多く選ばれており、デイトナ500の視聴者は、一般の人々よりも過去1週間にモンスターエナジーのドリンクを飲んだ確率が15%高くなりました。

他のブランドも、デイトナ500の放送が象徴するマーケティング・プラットフォームを認識しています。2016年、デイトナ500の全米放送では、59の異なるブランドによるCMが放映されました。ニールセン・アドバタイジング・インテリジェンスによると、自動車、レストラン、テレコミュニケーション企業が全米の広告費全体の3分の1を占めています。自動車ブランドは、デイトナ500を通じて自動車に夢中な消費者にリーチします。視聴者世帯の11%が4台以上の自動車を所有し、7%が今後1年間に新車を購入する予定であることが分かっています(プランニング )。また、Daytona 500の視聴者は、新車購入のために、一般の人々よりも平均してより多くのお金を使うことを計画しています。

このような潜在的なマーケティング・リーチは、自動車関連製品だけに限られたものではありません。アウトドアブランド、ゴルフ用品販売店、芝生手入れ用品なども、デイトナ500の視聴者に適したブランドです。この視聴者は、一般の人々よりも釣りやゴルフ、芝生手入れをする傾向が強いのです。

ニールセンについて 米国のスポーツメディアの消費、広告、スポンサーシップ、ファン行動については、ニールセンの「Year in Sports Media」レポートをダウンロードしてご覧ください。

メソドロジー

本記事の考察は、以下のニールセンのサービスから得られたものです。

  • ニールセンNPower。6分間の予選を利用してP2+にリーチ。デイトナ500、2016年2月21日開催
  • ニールセン・スカーボロ:デイトナ500を視聴したと報告した米国の18歳以上の成人の合計に基づく(2015年8月~2016年11月)。
  • ニールセン・スポンサーリンクさまざまなスポーツとそのスポンサーに対する消費者の態度や消費を測定するために設計された、全国規模のシンジケート追跡調査 2016年
  • ニールセン・ソーシャルNielsen Twitter TV Ratingsは、Twitter上の番組関連アクティビティの合計を測定します。デイトナ500、2月21日。2016
  • ニールセン・アドバタイジング・インテリジェンス、2016年2月21日、全国TV
  • ニールセン・スポーツ24 QIメディアバリュー デイトナ500(2016年2月21日開催