本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

2017年スポーツメディアの年

1分で読めるシリーズ|2018年2月

2017 Year in Sports Media」レポートは、スポーツ界のトップ・モーメントをいくつか取り上げ、この1年に起こったことが、スポーツの権利者、ファン、スポンサーの短期および長期の未来にどのような影響を与えうるかを考察しています。

  • スポーツ観戦の習慣はどのように変化しているのでしょうか?
  • 現代のスポーツファンを取り込むために、各リーグはどのような取り組みをしているのでしょうか。
  • 米国のスポーツ界では、どのようなスポンサーシップのトレンドがあるのでしょうか?

スポーツコンテンツへのアクセスは、米国のテレビ全体で15年ぶりの高水準にあり、コンテンツ制作者は2017年に134,000時間以上のスポーツニュース、イベント、アンソロジー、解説の番組を制作しました。また、消費に関しては、生放送または同日に視聴された上位100のテレビ放送のうち86がスポーツ関連でした。

スポーツイベントがテレビ視聴を促進

テレビは、視聴者がスポーツコンテンツとつながるための重要なメディアであることに変わりはありません。視聴者が他のメディアに分散する可能性があるにもかかわらず、2017年にLive+SD**で視聴された上位100のテレビ放送のうち86を「スポーツ」が占めたのです。視聴者はソーシャルプラットフォームで遠隔地のファンとつながるため、テレビの周りに直接集まり続けるでしょう。

**15分以上の放送を含み、イベントの前後を含む。