本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

カナダ・ミュージック ミッドイヤー・レポート 2018

1分で読めるシリーズ|2018年7月

カナダでは、上半期に音楽配信が新たな節目を迎えましたが、この記録的な勢いが衰えることはないでしょう。

オンデマンドオーディオストリームの総量は、6ヵ月間で過去最高の 260 億以上(前年同期比 53%増)、オンデマンドビデオストリームの総量は前年同期比 32%増を記録しました。

カナダ出身のドレイクは、全アーティストの中で最も高いストリーミングボリュームを記録しました。彼のシングル「God's Plan」と「Nice For What」は、ビルボード・カナダ・ホット100で、最初の26週間のうち合計14週間を1位で過ごしました。

2018年のBillboard Canadian Top 200でアルバム1位を獲得したカナダ人アーティストは、The Weeknd、Shawn Mendes、Tory Lanez、Jim Cuddy、Éric Lapointe、Coeur de Pirateでした。

デジタルおよび物理的なアルバム売上は前年同期比で減少しましたが、LPレコードの売上は67%増加し、「レコード・ストア・デイ」の人気の高まりが後押ししました。今年で11年目を迎えるレコード・ストア・デイ限定リリースにより、この祭典の週(4月20日~26日)のバイナル売上は合計27,000枚を超えました。この合計は、2017年のレコード・ストア・デイと比較して、ヴァイナルの売上が96%増加したことを意味します。