本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

ニールセンのテレビ米国のヒスパニックは若く、経済力を強化している

1分で読めるシリーズ|2018年9月

米国のヒスパニック系人口と労働力の増加は、次の人口動態現象となる勢いです。2016年から2020年にかけての米国の人口増加の半分以上をラテン系が占め、2040年から2045年には最大で80%に達すると言われています。この人口増加は、消費に関しても大きな意味を持ちます。これは、米国のヒスパニック系消費者の年齢の中央値が、ヒスパニック系以外の白人の消費者のそれよりも著しく低いことが主な理由です。

2010年から2016年にかけて、ラテン系住民は米国の全労働力増加の75%を占めています。また、このグループは年齢の中央値が若いため、米国のヒスパニック系の経済力は、彼らが稼ぎ盛りになるにつれて大きく成長するでしょう。

ニールセンについて このグループの若年化がもたらす長期的な経済的影響をより深く理解するため、ニールセンの戦略的イニシアティブおよび消費者エンゲージメント担当副社長で、米国ヒスパニック市場に焦点を当てた Stacie deArmas 氏にお話を伺いました。

その他の洞察については、当社の「 Descubrimiento Digital:ラテン系消費者のオンライン生活」レポートをダウンロードするか、データベースのポッドキャストでStacieの話を聞いてください。