本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ストリーミング配信者は従来のテレビとの強い結びつきを見せる

3分で読めるシリーズ|2018年5月

多様なコンテンツを求める消費者にとって、ストリーミ ング端末の利用が一般的になり、動画ストリーミングが 増加していることは間違いない。しかし、米国では、従来のテレビ視聴(生放送およびタイムシフト)を支配的なメディアとして駆逐することは、依然として現実的な課題である。

最新の NielsenLocal Watch Report によると、典型的な 1 日において、93% のストリーマーが従来のテレビを視聴しています。 25~54 歳の平均的なストリーミング視聴者は、1 日に 2 時間 28 分のオーバーザトップ (OTT) コンテンツを消費していますが、これらのストリーマーの 47% は通常の日に従来のテレビのみを視聴し、46% は従来のテレビとストリーミングを組み合わせて消費し、ストリーミングのみは 7% に過ぎませんでした。

最大のテレビ視聴市場*におけるストリーマーの1日のテレビ利用については、53%がデトロイトで従来のテレビのみを平均的に視聴し、39%が従来のテレビとストリーミング機器の両方をミックスして利用しています。8%は、通常の日にストリーミングデバイスのみを使用しています。一方、ポートランドでは、ストリーマーの41%が平均的な1日に従来のテレビのみを視聴し、12%がストリーミング機器のみを使用してコンテンツを視聴しています。46%は、平均的な1日に従来のテレビとストリーミング機器を組み合わせて使用しています。

2017年11月時点で、米国の6500万以上の家庭が、テレビにコンテンツをストリーミングできる有効なデバイスを所有しています。これは大きな数字であり、増え続けています。米国の家庭の59%がストリーミングに対応していますが、その様子は市場によって様々です。OTTに精通した」家庭は都市部に多く、中規模市場はより多くの成長を見せています。現在、サンディエゴは71%の家庭がストリーミングデバイスにアクセス可能であり、この競争に勝っています。

アメリカの25~54歳のストリーミングデバイスユーザーのテレビストリーミング頻度を見ると、2017年11月の1ヶ月間で平均12日間コンテンツをストリーミングしていました。平均すると、1日あたり2時間28分ストリーミングしていました。

ストリーミングデバイスは、若くて裕福な層を惹きつけています。例えば、世帯主が35歳未満の家庭では、一般的な家庭よりも34%もストリーミングデバイスを所有する確率が高くなります。このグループは、ストリーミングデバイス所有者の20%を占めています。25~54歳は44%、55歳以上は36%となっています。

ストリーミングデバイスを使用している家庭では、子供がいる確率が32%高く、大卒の人がいる確率が17%高い。また、高所得者層が多く、10万ドル以上の所得を得ている人が30%いるのに対し、米国の総人口の22%にとどまっています。ストリーミングデバイスを使用する家庭は、民族的にも多様です。65%が白人、15%がヒスパニック、13%が黒人です。

最後に、ローカルメディアもストリーマーに強力なリーチ力を発揮する可能性があります。Nielsen Scarboroughによると、ストリーミング・デバイス所有者の91%がテレビまたはオンラインでローカル・メディアにアクセスしています。ストリーマーの51%がローカルニュースを見たことがあり、51%がローカルニュースにアクセスするためにモバイルデバイスのインターネットアプリを使用したことがあり、43%が過去1ヶ月間にローカルまたはインターネットラジオにアクセスするためにインターネットアプリを使用したことがあり、40%がローカル情報のためにソーシャルメディアサイトを使うことが重要だと完全にまたはある程度同意しています。

平均的なアメリカ人は、これまで以上に多くの方法でコンテンツを視聴できるようになったため、今日のデジタル時代における伝統的な番組の回復力には目を見張るものがあります。ストリーミングのヘビーユーザーでさえも、放送局のテレビに夢中になる何かを見出しているのです。ニールセンのデータは、私たちの日常生活におけるローカルメディアの強力なリーチと関連性を再確認させる、真実の物語です。

備考

*ニールセンがLPM(ローカルピープルメーター)で測定している市場

メソドロジー

この記事の洞察は、以下から導き出されたものです。

  • ニールセン ローカルウォッチレポート - 2017年11月の視聴状況
  • ニールセンがローカルピープルメーター(LPM)を使って測定している市場