本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

#バイアスを打ち破れ - IllumiNative創設者クリスタル・エコー・ホークがメディアにおけるネイティブアメリカンの抹殺と闘う方法

2分で読めるシリーズ|2022年3月

ネイティブ・アメリカンは、そのコミュニティに対する抹殺と暴力のほとんど語られていない歴史にもかかわらず、日々私たちの社会をリードし貢献しています。また、このコミュニティは成長を続けています。過去10年間で、アメリカンインディアンおよびアラスカ先住民の人口は、2010年の520万人から2020年には970万人に増加しました。ネイティブの人口は、現在、米国人口のほぼ3%を占めています。しかし、テレビにおけるネイティブの代表は最新のレポートではまだ1%未満です。

国会議事堂からハリウッドに至るまで、アメリカ先住民の表現が増え続けていますが、メディアにおけるアメリカ先住民の物語を広げるには、まだまだ長い道のりがあります。女性史月間を記念して、イルミ・ネイティブの創設者兼エグゼクティブ・ディレクターで、ポーニー族のクリスタル・エコー・ホークに話を聞きました。クリスタル・エコー・ホーク氏は、ネイティブ・アメリカンの強力な支持者として、メディアコンテンツにおけるコミュニティの声、物語、問題の増幅に力を注いでいます。

エコーホークとニールセンのDiverse Insights and Initiatives担当副社長シャーリーン・ポライト・コーリーとの対談では、メディア業界の意識を高めるためにIllumiNativeのような組織が必要であることを伝えています。また、Reservation DogsやRutherford Fallsといった最近の番組における現代のネイティブアメリカンの表現が、視聴者の認識や理解ニールセンについて ネイティブの人々に与える影響についても話しています。

しかし、コンテンツは表現の一側面に過ぎません。エコー・ホークは、ブランドアイコンやスポーツマスコットにおける文化的流用を止めるよう、ブランドや企業を啓蒙する活動も行っています(ニールセンについて )。

これは、3月12日に開催されたSXSWでのより広い会話のほんの一例です:Forget Mascots:テレビに必要なネイティブの表現