本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ブランドと消費者のよりパーソナルな関係構築に貢献するインフルエンサー

0分で読めるシリーズ|2022年5月

企業のマーケティング担当者は、メディアやプラットフォームを介した消費者とのエンゲージメント構築を目指しています。

ブランド構築に注力も、企業のマーケティング担当者は見込み顧客のトップオブマインドを確保する方法を常に模索しています。レポート)作成のために実施した調査、全世界のマーケティング担当者は2023年、広告費の53%増を計画し、SNSは最も予算増加率の高いメディアであることが明らかになっている。

さらに調査結果を見ると、マーケティング担当者がSNSやインフルエンサーマーケティングに多額の予算を割り当てている理由が明らかになります。スカボローの調査によると、アメリカ人の42%は購入意思決定をする際、周囲のアドバイスを求めると回答しています。ニールセン広告信頼度調査(2021年)、消費者の71%はインフルエンサーが登場する広告、インフルエンサーの意見や商品プレイスメントを信頼すると回答しています。

興味深いことに、インフルエンサーを起用したプロモーションは、必ずしもブランド起点ではありません、事実、大手ブランドの広告キャンペーンの中には、インフルエンサーに着想を得たものがあります。クリストファーセンはGapが2000年初頭に製造を中止した色のパーカーを着て、自ら配信した動画に登場しました。このパーカー#brownhoodieハッシュタグを生み出してバイラル化し、驚異的なエンゲージメント率188。35% が測定されました。彼女が着用した色のGapのパーカーの再販サイトにおける価格は、300ドルにまで高騰しました。

1人のインフルエンサーによってオーガニックに発生したブランドへの注目や話題の収益化、Gapは複数のインフルエンサーを起用して#gaphoodieキャンペーンを制作、キャンペーンは650万回を超える視聴数を獲得しました。またGapはハッシュタグを生み出した茶色を復活させ、これが大きな話題となり、復活はあっという間に入荷待ち状態になりました。

このようにして獲得された消費者エンゲージメントは、ブランドの認知、好意度と想起に貢献します。 ニールセンが提供するブランドインパクトサービスは、約200の広告キャンペーンに登場したインフルエンサーの効果を測定しています。3月期のノーム値では、インフルエンサーが登場した広告視聴者の平均80%は、広告に登場したブランドが想起されるようになったこと、さらにはインフルエンサーの登場により、広告視聴者のブランド好意度と購入意向は、非視聴者を9ポイント上回る結果となっています。

消費者は共感できる、パーソナルな関係をブランドに求めていることを理解した靴ブランドのアルドは、、ブランドのペルソナに一致した複数のインフルエンサーを起用して、#StepIntoLoveSNSキャンペーンを展開しました。同キャンペーンは視聴者に対し、自らが踊っている動画にキャンペーンハッシュタグを付けると、5000ドルの賞金が当たるコンテストに参加できるという内容でした。ニールセンInfluenceScopeデータはよると、同ブランドのTikTokキャンペーンは50億超の視聴数を獲得し、ブランド認知は2.5% 向上しました。

マーケティング担当者がペルソナ、コンテンツ、エンゲージメントを適切に組み合わせることができれば、インフルエンサーはブランド認知向上の強力なツールになります。

インサイトの詳細は、こちらより良いコネクションを築くために。ブランド成長に向けたインフルエンサーの活用(消費者との関係強化:ブランド成長にインフルエンサー活用が有効な理由)をダウンロードしてご覧ください。

ja