本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>イベント

オンラインコンテンツパブリッシャーにとって、サードパーティによる測定は不可欠です。

1分で読めるシリーズ|2016年8月

ビデオコンテンツがお好きな方なら、ボタン一つで利用できる今日の無数の選択肢に、きっと満足していることでしょう。従来のテレビ視聴が依然として大半を占める一方で、米国における定額制ビデオ・オンデマンド(SVOD)の普及率は、DVRの普及率と肩を並べるほどになっています。消費者が魅力的なコンテンツを探し続け、好きな時に好きな場所で視聴するようになると、そのコンテンツのパブリッシャーは、ニールセンについて をもっと知りたいと思うようになるのです。

従来の視聴シナリオでは、ネットワーク、コンテンツ・プロデューサー、マーケッター、ブランドは、広告に関するメディア支出を最適化することに関心があるため、ニールセンについて 視聴者を知ることに熱心です。しかし、SVODの分野では、広告は通常、方程式に含まれません。しかし、だからといって、正確なサードパーティの視聴者測定の必要性を否定するものではありません。実際、Huluの広告販売担当上級副社長であるピーター・ネイラーが、今年の米国コンシューマー360イベントで、ニールセンのプロダクトリーダーシップ担当社長であるメーガン・クラーケンに述べたように、今日の進化するエコシステムでは測定が不可欠です。

Huluのような企業にとって朗報なのは、Nielsen Digital Ad Ratingsが、Nielsen TVの視聴率と同等の方法で、広告のオンラインおよびモバイル視聴者を翌日に包括的に表示することです。つまり、パブリッシャー、広告主、代理店はリアルタイムの情報を入手し、リアルタイムの状況を把握することができるのです。

ja