本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

Sneak Peek:ニールセンの世界的なデータ収集方法

3分で読めるシリーズ|2016年10月

ニールセンの測定には何が必要なのか、疑問に思ったことはありませんか?消費者や小売店からどのようにデータを収集するのか?これらのデータをどのようにクライアントのために価値ある情報に変えているのでしょうか。データ収集とその活用には、優れたテクノロジーと、さらに重要なこととして、100カ国以上の現場で日々働く何千人もの有能な人材が必要です。新シリーズ「Nielsen Around the World」では、私たちの数字の背景にあるストーリーを直接お伝えします。

このシリーズのプレビューは、世界中のストーリーを投稿するInstagramフィードを購読することでご覧いただけます。ニールセンのチームと一緒に世界中を旅するインタラクティブなソーシャルメディアの旅は、もうすぐ始まります。まずは、世界最大の消費者測定チームの「ある一日」を、ニールセンの社員と一緒にご紹介します。  

ニールセンの小売監査員は、電子販売システムのない市場で、雨の日も晴れの日も、また最近の中国の例では氷の日も、最前線で店舗の場所や在庫、売上を記録している。雨にも負けず、蘭渓県のある店舗を訪れた監査員は、ちょうど下校後の子供たちがお菓子や飲み物を買い求めに来たところで仕事を終えました。このような遠隔地の店舗で子供たちがどのような商品を購入できるかを理解することは、私たちのクライアントにとって貴重な情報です。

ニールセンの小売監査員は、電子販売システムのない市場で、雨の日も晴れの日も、また最近の中国の例では氷の日も、最前線で店舗の場所や在庫、売上を記録している。雨にも負けず、蘭渓県のある店舗を訪れた監査員は、ちょうど下校後の子供たちがお菓子や飲み物を買い求めに来たところで仕事を終えました。このような遠隔地の店舗で子供たちがどのような商品を購入できるかを理解することは、私たちのクライアントにとって貴重な情報です。

ロシアでは、当社の小売測定フィールドチームは、国内の消費財販売の30%を占める伝統的な小売店を毎日訪問しています。これらの店舗では電子追跡システムが使用されていないため、私たちは自分たちのシステムを持参しています。ニールセンの監査員はスキャナーを使ってデータを取得し、モスクワ、ムンバイ、ミュンヘンを問わず、クライアントはこの重要な小売チャネルで何が起きているのかを常に把握することができます。

ニールセンのInstagramアカウントでは、#NielsenAroundTheWorldのストーリーをご覧いただけます。また、このプロジェクトの今後のアップデートもお楽しみください。