本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

ニールセンのデータで差がつく

1分で読めるシリーズ|2016年9月

近年、コネクテッドコンシューマーの台頭により、マーケティングテクノロジー分野は飛躍的な成長を遂げています。コンテンツの消費とショッピングの活動は、主にデジタルの多数のタッチポイントで行われるため、完全に統合されたエンドツーエンドのマーケティングソリューションに対する需要も高まっているのである。その結果、いくつかの大手企業がクラウドマーケティングの分野に参入しています。

このビデオでは、ニールセン・マーケティング・クラウド担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのダミアン・ガルバッチョが、ニールセンがこのマーケティング領域でどのように差別化を図ってきたかについて説明しています。ニールセンの独自データと優れたアナリティクス能力を主要な差別化要因として挙げています。

「ニールセンは、最も包括的なウォッチ&バイデータの所有者として、マーケターが市場で優位に立つための独自の詳細な情報を理解し、アクセスすることを可能にします。このデータへのアクセスこそが、ブランドにとってのゲームチェンジャーなのです」とガルバッチオは説明しています。