本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

ニールセン、フォーチュン誌の「ミレニアル世代が働きやすい職場」に選出される

1分で読めるシリーズ|2016年7月

フォーチュン誌とGreat Place to Work誌が最近、ニールセンをミレニアル世代に最も適した雇用主の1つに選んだことを光栄に思っています。「ニールセンは、ミレニアル世代に共感される誠実さ、公平さ、信頼性という原則のもとに設立されました」と、ニールセン最高人事責任者のメアリー・リズ・フィンは述べています。「ニールセンは、あなたが自分らしくいられる場所であり、変化をもたらし、キャリアを成長させる場所なのです。

ミレニアル世代は米国人口の 24%を占めており、この若い消費者はまもなく米国の労働力として働く最大の世代となります。ミレニアル世代は、学業を終え、仕事に就き、マイホームを持ち、家庭を持つなど、その生活は急速に変化しています。彼らは現在、米国の労働人口の3分の1を占め、急速に増加しています。

Nielsenの調査によると、ミレニアル世代 は本物志向と創造性を重視し、地域の人々が作った地元の商品を買い、ニールセンについて 家族、友人、慈善活動に関心を持つことが分かっています。これらの要因がミレニアル世代の雇用主選びにどのような影響を与えるかを理解することは、優秀な人材を確保したい企業にとって重要な鍵となります。

8万人以上のミレニアル世代(1981年以降生まれ)を対象に、FortuneとGreat Place to Workが職場の質に関する58の質問について匿名で調査を実施しました。従業員は、管理職が人々の私生活や仕事を誠実にサポートしているか、コミュニケーションがどれだけ透明であるか、人々が職場で自分らしくいられるか、仕事以外の生活に投資できるか、仕事をする意義など、さまざまな要素を考慮した上で、職場の質を決定しました。

ニールセンのチーフダイバーシティオフィサーであるアンジェラ・タルトンは、「多様性、インクルージョン、イノベーションは、ニールセンとクライアントの未来にとって非常に重要です」と述べています。"ニールセンでは、テーブルで発言することができ、あなたの声が聞かれることを知ることができます。"