本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセン、2015年第4四半期のローカルウォッチレポートを発表

3分で読めるシリーズ|2016年1月号

ローカル市場の視聴習慣とミレニアル世代の投票プロファイルの洞察

ニューヨーク州ニューヨーク - 2016年1月20日 - 本日、ニールセン(NYSE:NLSN)は、2015年第4四半期のローカルウォッチレポートを発表しました。この最新版では、ローカルテレビの視聴習慣と、スマートフォン、スマートテレビ、タブレット、サブスクリプションビデオオンデマンド(SVOD)などの新しいテクノロジーの普及がさまざまな市場に与える影響の度合いについて分析しています。レポートの第2部では、若い有権者とそのメディア利用習慣に関する洞察を紹介しています。

NielsenのLocal Watch Reportによると、ライブTVは依然としてビデオを消費する主要なメディアであることがわかります。上位25の指定市場地域(DMA)のうち24の地域では、成人25-54歳が1日あたり3時間以上ライブTVを視聴しています。ローカルピープルメーター(LPM)市場の上位10都市のうち9都市では、アフリカ系アメリカ人が1日あたり5時間以上生放送のテレビを視聴しています。ヒスパニック系の LPM 市場トップ 10 では、ヒスパニック系の人々のライブ TV 視聴時間は 1 日平均 3 時間以上で、デンバーとフェニックスの人々は 4 時間以上視聴しています。

また、本レポートでは、若い有権者とそのメディア利用についても取り上げています。18歳から34歳のミレニアル世代は、現在、選挙区で投票権を持つ米国成人の26%を占め、非常に注目されているグループです。彼らのメディア習慣、ライフスタイル、投票傾向を理解することは、彼らの関心を引くための鍵になります。上位25のLPM市場のうち、9つの市場は激戦区にあり、そのうちの6つの市場では、若い有権者がその選挙区の投票権を持つ成人の少なくとも25%を占めている。 

「若い有権者は新しいテクノロジーやソーシャルメディアと密接に関係していますが、生放送のテレビとも密接に関係しています」と、ニールセンのローカルメディア担当執行副社長兼マネージングディレクターのマット・オグレディは述べています。「78%が毎週放送テレビを視聴し、49%が通常ローカルニュースを視聴しているため、ローカル放送局はこれらの若い有権者を取り込む絶好の機会を得ています。

2015年第4四半期の「ローカルウォッチレポート」から得られたその他の知見は以下のとおりです。

  • クリーブランドが5時間47分でテレビ総視聴時間1位をキープ
  • オーバーザトップ(OTT)視聴オプションは、2014年11月と比較して、デバイスによって2%~8%増加(全米のスマートテレビ保有率は20%、全米のタブレット普及率は56%、全米のスマートフォン普及率は82%)。
  • ボルチモアはマルチメディア利用(Apple TV、Roku、Chromecastなど)で1日18分とLPM市場No.1です
  • SVODは米国人口の約半数に到達しており、フィラデルフィア、ピッツバーグ、ダラスなどの市場では、1年間で最大15%の伸びを記録した
  • 若い有権者の半数は無所属か政党に属さない-29%は民主党、21%は共和党
  • 若い有権者の約4割が民族的背景を持つ(ヒスパニック系18%、アフリカ系13%、アジア・その他8

詳しくは、2015年第4四半期の「ローカルウォッチレポート」をダウンロードしてください。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、消費者が何を視聴し、何を購入するかを総合的に理解するためのグローバルなパフォーマンス管理企業です。ニールセンの視聴部門では、メディアや広告主に対して、ビデオ、オーディオ、テキストなどのコンテンツが消費されるすべてのデバイスを対象としたトータルオーディエンス測定サービスを提供しています。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者に対して、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ウォッチセグメントとバイセグメント、およびその他のデータソースからの情報を統合することで、ニールセンはクライアントにパフォーマンス向上に役立つ分析情報を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

ゴーリキ・デ・ロス・サントス; (646) 654-4837;gorki.delossantos@nielsen.com