本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

アナリティクスを活用した人材へのアプローチ

3分で読めるシリーズ|2018年9月
ニールセン社 ピープルアナリティクス&タレントアクイジション担当SVP クリス・ルーイ氏
ニールセン社 ピープルアナリティクス&タレントアクイジション担当SVP クリス・ルーイ氏

アナリティクスは、ニールセンがクライアントに価値を提供するための核となるものです。私たちは、クライアントがより良い意思決定を行い、ビジネスを改善するために使用するデータとインサイトを作成します。この同じアプローチを人材にも適用し、より良い人材関連の意思決定を行い、従業員の経験を向上させ、より効果的で効率的な労働力を生み出すことは、自然なことです。これこそが、ピープルアナリティクスです。ニールセンについて.

ピープルアナリティクスは、人事部ではまだ比較的新しい分野です。そのため、少人数の専門家グループがその場しのぎのプロジェクトに取り組み、データの機密性から、限られたシニアリーダーがその内容を知るという形をとることがよくあります。また、膨大なデータセットや複雑な統計モデルを扱うため、一般的には敬遠される傾向にあります。

ニールセンのピープルアナリティクスは、非常に異なる見解を持っています。私たちは、アナリティクスは制限するものではなく、解放するものであるべきだと考えています。何千もの人材関連の決定が、組織全体とあらゆるレベルのアソシエイトによって毎日行われているため、最適な状況は、一部の人ではなく、幅広い組織の手にデータと洞察を届けることです。より高度な専門知識を必要とする特別なプロジェクトは依然として必要ですが、ピープルアナリティクスがもたらす価値の大半は、世界中の何百人もの人事リーダーや何千人もの管理職が、ニールセンについて 当社の人材に関するより良い情報を得て、行動を起こすことができるようになることから生まれるのです。

また、分析が先ではなく、ビジネスの成果が先であり、手段が先ではなく、目的が先です。私たちのビジョンは、ピープル・アナリティクスによって組織に「人事の超能力」を与えることです。これには以下が含まれます。

  • タレントに関する質問に即座に回答。
  • 常に組織の鼓動を読み取る。
  • 行動を起こすべきタイミングを察知する第六感。
  • 人材に関する主要な問題や領域に関する深い洞察。
  • 将来の人材ニーズとトレンドを見通す。

このビジョンを実現するためには、従業員を管理し、従業員に機会を与え、人材を向上させる能力を根本的に高いレベルまで高める必要があります。

そのために必要な能力を、いくつかの異なる次元で構築しています。

  • 私たちのデータ データは、あらゆる分析作業の生命線です。人材に関するデータは、乱雑でバラバラなことで有名です。私たちは、人材データの質と完全性を向上させ、他の重要なデータセット(財務、業務など)と統合するための重要な取り組みを進めています。
  • 私たちのテクノロジーデータは、アクセス可能で使用可能であってこそ価値があります。私たちは、人材データを活用するための分析プラットフォームを立ち上げ、ユースケースに応じたレポート(人材動向の把握、離職の主な要因、採用プロセスの効率化など)を作成し、集約した洞察を見たり、個々の情報を掘り下げて行動を起こしたりできるようにします。
  • 私たちの社員このコミュニティでは、トレーニングやリソース(最新のツールや過去の研究など)へのアクセスを提供し、組織全体でのベストプラクティスの共有を推進しています。
  • 私たちのアプローチ私たちは、世界中の従業員のプライバシーを確実に保護し、透明で非難されることのない方法でデータを活用するための方針とプロセスを導入しています。

私たちは今、人材分析を応用して、最大の優先課題に取り組んでいます。ワークフォースプランニング は、Path to 2020の取り組みの基礎となるものです。私たちは、従業員エンゲージメントの結果を調査し、改善の余地が最も大きいチームや、他の従業員が見習うべき最も効果的な実践方法を特定します。また、採用プロセスの最適化、人材定着率の向上、多様性の拡大、より効率的な人材管理の方法を決定しています。

私たちの仕事から得られる初期の配当は相当なもので、活力を与えてくれるものです。しかし、最もエキサイティングなことは、ピープルアナリティクスがNielsenとその社員にもたらすものの表面を削ったに過ぎないということです。

詳しくはこちらニールセンについて 私たちの社員に対する取り組みと人材戦略については、第2回グローバル・レスポンシビリティ・レポートをご覧ください。