本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>コーポレート

ニールセンがフレックスキャリアと提携し、人材と柔軟な働き方の選択肢を紹介

2分で読めるシリーズ|2018年3月

今日のデジタルワークフォースにおいて優秀な人材を惹きつけ、維持しようとする組織にとって、柔軟性は必要不可欠です。ニールセンの太平洋チームは、柔軟な職場環境を推進し、福利厚生オプションへの社員の参加を増やすために、オーストラリアとニュージーランドの才能ある個人と先進的な雇用主を結びつけるプラットフォームであるFlexCareersと提携しています。

FlexCareersは、ニールセンが保有する有能で経験豊富な候補者のデータベースに無制限にアクセスし、当社の求人とマッチングさせています。また、FlexCareersは戦略的なコンサルティングとトレーニングを提供し、柔軟な職場環境を継続的に構築しています。

ニールセンの太平洋地域人事部長であるニコラ・マイヤー・スミスは、「オーストラリアとニュージーランドのフレキシブル・ワークにおける業界のリーダーであるFlexCareersと協力できることを嬉しく思っています」と述べています。「FlexCareersと協力することで、フレキシブルワークへの参加者を増やし、最終的に社員にとって素晴らしい従業員体験を生み出すことができるでしょう。

仕事の柔軟性は、ニールセンが包括的な企業文化を促進するために提供している多くの取り組みの一つです。また、アソシエイトのライフスタイルに関わらず、ワークライフバランスの重要性を認識しています。いくつかのオプションがあります。

  • アソシエイト、チーム、役割はそれぞれ異なるため、アソシエイトとリーダーが考慮すべきさまざまな働き方の選択肢を網羅したガイドラインを作成しました。在宅勤務、ジョブシェアリング、パートタイム勤務、週休2日制、始業・終業時間の柔軟性など、さまざまな働き方の選択肢があります。
  • 当社の従業員支援プログラム(EAP)。私たちは、すべての社員が仕事と生活の課題に対処するためのツールとスキルを身につけられるようにしたいと考えています。このプログラムでは、社員とその家族が、資格と経験のあるカウンセラーから、個人的な問題や仕事に関するさまざまな相談に無料で応じられるようになっています。
  • アソシエイトが仕事と生活のバランスをとりながら家族と過ごすことができるよう、有給育児休暇制度を設けています。オーストラリアとニュージーランドでは、生まれたばかりの子どもや養子を持つ親は、12週間の有給育児休暇を取得することができます。また、二次的な世話をする人にも2週間の有給休暇が与えられます。
  • オーストラリアとニュージーランドにおけるその他の従業員福利厚生には、誕生日休暇と最大3日間のボランティア休暇が含まれます。
  • 太平洋地域の役職の50%以上がチーム内の移動で埋まっているため、内部成長の機会がある。

これらの柔軟な働き方をFlexCareersファミリーと共有できることを嬉しく思います。詳細については、ニールセンについて をご覧ください。 FlexCareersのページまたは 採用情報サイト.