本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>ソートリーダーシップ

透明性による成長の事例。デジタル広告の進むべき道

3分で読めるシリーズ|2020年3月

ここ数カ月で、AppleとFirefoxはブラウザのポリシーを変更し、サードパーティのCookieトラッキングを段階的に廃止し、Googleも2年以内に同じことを行う意向を発表しています。これらの変更は消費者の利益を意図したものですが、マーケターがアプリ、プラットフォーム、ウェブサイト上で広告を見る視聴者について、特にパブリッシャーと広告主のユースケースが対処されない場合、より客観的なインサイト 、意図せずして環境を作り出してしまうことになります。独立した見解がなければ、デジタル広告に対する市場の信頼は大きく損なわれる可能性があります。 

ニールセンでは、破壊を通じて信頼を築くことが、私たちのDNAの一部となっています。1950年、最初の全国放送の開始を受け、最初のテレビ視聴率を導入しました。視聴の細分化に伴い、メディアパネルに導入できるよう、ビッグデータソースのバイアスを修正する方法を開拓しました。今日、私たちは、デジタルとストリーミングを測定し、共通市場を維持するための新しい測定パラダイムを構築するために革新的な取り組みを行っています。

これらの瞬間に共通しているのは、成長を引き出すためには、透明性が不可欠だということです。デジタルメディアは、世界中の人々をつなぐエコシステムを支えています。この市場が成長を続けるためには、依存する測定が公平であり、消費者のプライバシーを基本的に尊重して構築され、次の10年のメディアイノベーションを生き残ることができるという確信が必要です。 

ニールセンの測定がデジタル広告に透明性をもたらし続けるために、私たちが着手している3つの取り組みをご紹介します。  

  • メディア測定の新しいモデル。 デジタル広告の未来を測るには、クッキーなどのデジタルアイデンティティの共有に依存しない手法と技術が必要です。私たちは、コネクテッドTVの主要プレイヤーと協力し、彼らのプラットフォームで広告を見るオーディエンスを測定しています。例えば、ニールセンはグーグルと緊密に連携し、グーグルのAds Data Hub環境を通じて、ニールセンのYouTubeの測定がマーケッターに提供されるようにしています。このような重要な動きにより、ニールセンは進化する市場に透明性を提供し続けることができるのです。
  • プライバシーを重視したイノベーションデジタル広告測定の進化に伴い、私たちはそのプライバシーを設計要件と方法論の中心に据えるよう努力しています。私たちは、消費者の選択を考慮した新しいアルゴリズム、モデル、重複排除の方法論の開発に注力しています。ニールセンについて 地上レベルでデータがどのように収集され、使用されるかを考慮しています。これは、今やすべての製品に求められるテーブルステークス要件です。プライバシーを製品開発の中核に据え、広告がどのようにプラットフォームを横断してリーチと成果を促進するかについて、より大きなインサイト を提供するソリューションを構築していく予定です。
  • クロスプラットフォームメディアのための真理値セット。メディアの断片化と直接測定への障壁が高まるにつれ、メディアにおけるトゥルースセットの役割は指数関数的に増大しています。ニールセンはメディアパネルへの投資を通じて、クロスサイト、クロスプラットフォームのリーチ、フリークエンシー、ROI分析を可能にするデバイスとソースを拡充しています。これにはサンプルベースと国勢調査ベースの測定が含まれます。ニールセンは、世界中の人々が聞き、見、読むものの多様性を反映するために、測定範囲を拡大することに重点を置いています。

今一度、私たちの業界が直面する選択は、透明性を通じて成長するか、市場の断片化によって縮小するかということです。ニールセンは、消費者のプライバシーと市場の公正さを両立させることは絶対に可能だと信じており、それを実現するために全力を尽くします。

この記事はAdweekに掲載されたものです。