Solutions

トータル広告視聴率(TAR)
テレビとデジタルのクロスプラットフォームの包括的なオーディエンス測定

ニールセンのトータル広告視聴率は、テレビとすべてのデジタルタッチポイント(PC、タブレット、スマートフォン)にまたがる広告キャンペーンの非重複の視聴者数、リーチ、フリークエンシーを測定します。ビデオリサーチのテレビパネルとニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)を活用し、広告主、広告代理店や媒体社が、広告キャンペーンのテレビのみの視聴者、コンピュータのみの視聴者、モバイルのみの視聴者、そしてテレビ、コンピュータ、モバイルを組み合わせてリーチしたクロスプラットフォームの共通視聴者を理解するのに役立ちます。これにより、広告主、広告代理店や媒体社は、テレビとデジタルメディアがどのように連携してリーチ目標を達成するかをよりよく理解することができます。

テレビが依然として大きな消費メディアである一方で、デジタルメディア消費はモバイルの普及に後押しされて、高い成長を見せています。現在、日本の消費者の80%以上がプラットフォームを越えて同時にコンテンツを消費しており、広告主、広告代理店や媒体社にとっては大きな消費者コミュニケーションのチャンスとなっています。しかし、従来はテレビ広告とデジタル広告は別々に測定されており、マーケターやメディア提供者がクロスプラットフォームの視聴者を定量化することは困難でした。ニールセンのトータル広告視聴率(TAR)は、クライアントがテレビ、PC、モバイルの関係を理解して、プランニングを最適化することを可能にし、プラットフォーム間に隠れた可能性を引き出し、コミュニケーション効果を向上させ、最終的にはメディア投資効果を最大化させることを支援します。


詳細をお知りになりたい場合

ビジネス課題に合わせた適切なソリューションを提案します