Skip to content
Cancel

Insights

Displaying 0 results

  • FIFA World Cup 2022™: The essential sports data hub

    Insights Media | 05-27-2022 The champions league: How media rights deals are shaping the global soccer landscape The UEFA Champions League Final isn’t just a fan favorite; sports are a huge draw for media buyers and the payoffs for rights holders are rising. Media | 03-29-2022 Playing the game: Breaking the bias with women influencers…

  • Discover what World Cup fans really want

    The FIFA World Cup 2022™ is a singular chance for broadcasters, platforms and brands to connect with a massive global audience. The pressure is on, and Nielsen is uniquely positioned to help. Nielsen’s 2022 world football report details how to deliver the ultimate World Cup experience by unpacking: Who football fans are  How sports viewing…

  • The 2022 ROI Report

    The 2022 ROI Report If driving media ROI is your job, this report helps you do it better. We reveal what drives returns, how to measure them and how to improve on the metrics you already have. Get a report tailored to your role below. Choose your path ↓ Hey advertisers, Did you know that…

  • Seeking authenticity

    A view of international LGBTQ+ media perceptions Global attitudes about the LGBTQ+ community have evolved dramatically over the past decade or so, and the community is acutely aware of this. These changing attitudes vary by country, which means perceptions about the community can vary as well. While this has fostered a greater sense of optimism…

  • ストリーミングの現状

    転機を迎えた動画ストリーミング業界 消費者のビデオコンテンツへの関わり方における大きな変化は、テレビ視聴のスタイルを恒久的に変えてしまいました。そして、オーバー・ザ・トップ(OTT)プラットフォームとコンテンツの急増は、今や消費者が把握しきれないほどの選択肢を提供しています。メディア企業が今後、ストリーミングファーストの考え方を必要とすることは明らかですが、消費者の行動や感情を理解し、消費者が求めているものを提供し、増え続ける選択肢の中で消費者を魅了し続けることも必要でしょう。 米国におけるユニークな番組タイトルは817,000を超え、その多くを配信するストリーミングプラットフォームやアプリと同様に、増え続けています。 72% のアメリカ人が「ビデオ・ストリーミング・サービスのユーザー体験が好きだ」と答え、93% がストリーミングのオプションを増やすか、既存のプランに変更を加えない予定であることから、ストリーミング・コンテンツに対する消費者の欲求に間違いはないでしょう。しかし、膨大なプラットフォームの選択肢は、視聴者を圧倒しています。 私たちの最初の「ストリーミングの現状(State of Play)」レポートは、ストリーミングの選択肢が爆発的に増えていること、そして消費者がどのようにそれに引き寄せられ、新しいサービスの数に圧倒されつつあるかに注目しています。これらのインサイトにより、メディア業界は、今後のストリーミングの明るい未来を実現する方法をよりよく理解できます。

  • Confronting myth and marginalization

    Asian American audiences and on-screen representation Today, cultural dichotomy means more than just differences in traditions or recipes. For the Asian American community who has experienced so much trauma in the past few years, being seen when tuning into media helps create a sense of connection and empowerment. The media industry has also pledged to…

  • Building better connections

    Using influencers to grow your brand Many social media platforms have undergone impressive growth the past few years, as the pandemic drove people indoors, in front of screens and searching for connection.  To address this need, many brands are spending big on social media, turning to influencers to make more personal (and profitable) connections with…

  • Podcasting Today

    Insights for advertisers During a pandemic that drove millions indoors, and in front of screens, a funny thing happened with podcasts: audience engagement increased. This increased engagement is noteworthy for several reasons: Many consider audio an in-car medium, yet at-home podcast listening has increased. Media choice is more rampant than ever. A wider audience presents…

  • 2022 Retail Barometer

    In this second annual report using the latest research from Nielsen, DBM Atlas and Zip, we uncover how consumers plan on spending as Australia moves toward an endemic approach to COVID-19. It’s been two years since Australia imposed some of the world’s strictest COVID-19 restrictions. Thankfully, the rise in vaccines has resulted in many consumers…

  • 2022 アニュアルマーケティングレポート 「協調の時代」

    2020年以降パンデミックの影響を受け、従来のマスリーチチャネルの多くが後退した後、2年もの困難な状況が続いた中でも、企業はマーケティング業務の再編を続けています。消費者の行動は流動的なのだけではなく、大きく変化したといえます。 これまでもそうであったように、マーケティング担当者にとって、データは道しるべとなります。ただし、そのデータには、有効なファーストパーティのデータ戦略によるものがますます求められています。 アニュアルマーケティングレポート「協調の時代」では、マーケティング担当者がいかにデータ活用に対して自信を持ってブランド構築と顧客獲得に注力し、アッパーファネル(認知)とローワーファネル(購入意向)両方の計画と実行を行う必要性について解説しています。 本レポートでは、ニールセンの調査をもとに下記の3つのパートについて解説しています。 2022 アニュアルマーケティングレポート 「協調の時代」の内容: マーケティング担当者の最大の目的は「ブランド認知」 メディアの断片化が進み、全体的な測定の必要性が高まっている データを活用し、パーソナライズしたマーケティング戦略をサポートすることが不可欠 パーパスドリブンの取り組みに注力することで、消費者とのつながりを深める レポートは、こちらのURLからダウンロードすることができます:https://annualmarketingreport.nielsen.com/?lang=ja