本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセン、2016年米国音楽中間報告書を発表

2分で読めるシリーズ|2016年7月

オンデマンド・ストリーミングの59%増に支えられ、音楽全体の成長率は前年比9%増 レコード盤の売上は12%増で、物理的なアルバム売上のほぼ12%を占めるに至った

ニューヨーク州ニューヨーク-2016年7月7日-本日、音楽業界をリードするデータ情報プロバイダーであるニールセン(NYSE:NLSN)は、2016年1月1日から6月30日までの6カ月間の「2016 Nielsen Mid-Year U.S. Music Report」を発表しました。

レポート結果によると、2016年もストリーミングは成長中のフォーマットであり、オーディオおよびビデオプラットフォームを通じて2090億曲がオンデマンドでストリーミングされ、前年同期比59%増となったことが明らかになりました。オーディオのオンデマンド ストリームは現在、全体の 54% を占め、ビデオは全体の 46% を占めています。2015年上半期に比べ、オーディオは97%、ビデオは29%の成長を遂げました。

「ニールセンのインダストリー インサイト担当SVPであるデビッド・バクラは、次のように述べています。「この1年間で、音楽業界では購入モデルからストリーミング・モデルへの移行が続いています。"デジタル購入の減少が続く一方で、ストリーミングが全体の50%近くを占めるようになりました。"

2016 Nielsen Mid-Year U.S. Music Reportのその他の主な調査結果です。

  • アルバムに楽曲に相当するアルバムとストリーミングに相当するアルバムを加えた年間総消費量は、前年比9%増となりました。
  • ストリーミングの継続的な成長のおかげで、全体のデジタル消費(売上とストリーミング)は15%増加しています。しかし、デジタル楽曲はあらゆるフォーマットの中で最も弱さを見せており、2015年上半期と比較して24%減少しています。
  • アルバム全体の売上は14%減少し、うちデジタルアルバムの売上は18%減少しました。
  • 物理的アルバム売上は10%減少しましたが、LPレコードは12%増の620万枚となり、引き続き記録的な好調を維持しています。

ニールセンについて ニールセン

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、消費者が何を視聴し、何を購入するかを総合的に理解するためのグローバルなパフォーマンス管理企業です。ニールセンの視聴部門では、メディアや広告主に対して、ビデオ、オーディオ、テキストなどのコンテンツが消費されるすべてのデバイスを対象としたトータルオーディエンス測定サービスを提供しています。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者に対して、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ウォッチセグメントとバイセグメント、およびその他のデータソースからの情報を統合することで、ニールセンはクライアントにパフォーマンス向上に役立つ分析情報を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

Rogers & Cowan: Chris Robins: 310.854.8113; crobins@rogersandcowan.com