本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

スポーツ・オン・ザ・ゴー

1分で読めるシリーズ|2013年1月号

統計やスコアから試合映像まで、スポーツはモバイル・コンテンツの大きな担い手となっています。Nielsenの2012 Year in Sportsレポートによると、2012年1月から9月の間に、スマートフォンおよびタブレット端末でスポーツコンテンツにアクセスした人の約60パーセントが、1日に少なくとも1回はアクセスしたとのことです。スマートフォン所有者の12パーセントとタブレット所有者の10パーセントが1日に3回以上アクセスしています。

スポーツコンテンツには様々な形がありますが、スポーツファンが最も注目するのは、一般的に最新のスコアやスタッツです。複数の接続デバイスを所有する人のうち、スポーツのスコアをチェックするのに適したデバイスは、スマートフォンとラップトップ(それぞれ16%)、次いでインターネット対応テレビ(12%)、タブレット(9%)でした。

消費者のクロスプラットフォームメディアの習慣、アスリートのエンドースメントの可能性、広告費のトレンドなど、スポーツ関連の詳しい情報は、State of the Mediaをダウンロードしてご覧ください。2012年スポーツの年