本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

データベースサステナビリティのビジネス

2分で読めるシリーズ|2019年5月

第22話

 

消費者のサステナビリティに対する関心はここ数年高まっており、個人の興味や信念に沿った製品やサービスへと嗜好がシフトしています。そして、このトレンドは衰えることがありません。2021年までに、サステナビリティに関心のある米国の消費者は、サステナブルな製品に1,500億ドルを費やすと予想されます。

しかし、サステナビリティに対する消費者の関心は、食品や飲料のようなものに限りません。ニールセンについて 今日、消費者は資源管理から製品パッケージングに至るまで、あらゆる分野でサステナビリティを考えており、これは "サステナビリティ "という言葉の性質がますます広がっていることを物語っている。しかし、どのように定義されるかにかかわらず、サステナビリティは世界中の消費者の関心の的であり、73%が地球への影響を軽減するために行動を変えるか、おそらく変えると回答しています。

では、このような変化は企業にとってどのような意味を持つのでしょうか。私たちは、以前から消費者の持続可能性に関する意図や消費傾向をモニターしてきましたが、このような行動がビジネスに与える影響について、より幅広く調査したいと思いました。具体的には、企業がどのように適応しているのか、その適応が近年どのように加速しているのか、また、適応した場合に業績に何が起こるのか、適応しなかった場合に何が起こるのかを理解したいと思いました。

このエピソードでは、サステナビリティのビジネス面を探ります。1つ目は、ニールセンの最高法務責任者であるジョージ・キャラードとニールセンのグローバル・レスポンシビリティ&サステナビリティ担当副社長のジュリア・ウィルソンとの会話、2つ目は、HSBC証券、アメリカ地域のESGリサーチ責任者のテッシー・ペションとナスダックのグローバル・サステナビリティ責任者のエヴァン・ハーベイの対話です。

他のエピソードをお探しですか? iTunes, Google Play, StitcherでThe Databaseを購読してください。また、 Megaphoneページで過去のエピソードをキャッチアップすることもできます